2015年7月31日金曜日

おいでまっし金沢ツアー 〜エンジョイEDの日曜日編〜

前日の様子はこちら

主のいない五天家のガレージに停めた車中で寝ていたら、タクシーで戻ってきた二次会組のワイワイガヤガヤとした声で軽く目が覚めました。
眠かったのでそのまま寝ていると、トミーがスライドドアと助手席の扉を開いて荷物を取って助手席だけ締めて行ってしまいました。スライドドア……。



眠いし暑いしまあいっかとドア全開のデニーロStyleで朝まで熟睡。
目を覚ましてトイレを借りに玄関に行くとえらいことになっていました。



夏休み感高い!
©ごっちゃん先生



ってか車中泊したの俺だけだったのね……。

森さんと一平ちゃん&はじめちゃんを車を停めてある駐車場まで送り、ビジネスホテルに泊まっているせんせいを迎えに行きつつ一路モトランドへ。



たくさん集まってる!



JNCCに参戦したおかげでポツポツと知り合いがいたりしてなんか嬉しい!
気持ちとともに気温もグングン上昇します。



ちなみに昨晩のあみだくじで決まったチームはこんな感じです。



#45 ひろしくん&森さん with 森さん号
©公式アルバム

#85 ごっちゃん先生&僕 with ごっちゃん先生号
©公式アルバム

#114 友也さん&一平ちゃん with 友也さん号
©公式アルバム

#964 はじめちゃん&トミー with トミー号
©公式アルバム



はじめちゃんはなんと同レースダブルエントリー!この酷暑で大丈夫なんでしょうか!?


というか、二次会組はみんな二日酔い気味。
特にごっちゃん先生は僕らのアテンドで気を使ってくれていたのか、寝不足&二日酔いで本澤会的ベスコンの様子。



会長「二日酔いが俺のベストコンディション」
トランポに貼っているご本尊の効果が!



朝のブリーフィングを終えて下見の一周。
これは……なんとも忙しいコース……。

ミニコースと本コース特設区間を上手に繋げていて、狭くてクネクネしてはいるものの、アップダウンあり、路面変化ありで飽きのこないレイアウトになっていました。
これは面白そう!



さてさてそれではレースの様子はこちらの動画で。




僕撮影
轍はツンデレなともだちでした


トミー撮影
1スティント目はスイッチオフ、2スティント目は下を向くという残念っぷり
1スティント目の映像が最高に面白そうだっただけに残念!


OhNo!Factoryさん撮影
みんな登場してエンジョイ感満点!ありがとうございました!



トミーが久々に快調なCRF150R2で楽しく走り、友也さんが超絶スムース&ファスト走法でバンバンラップしていく中、ひろしくんは森さんのCRF250Rをキックしまくっていました。



ひろしくん「僕の調子は良かったんですがバイクの調子が悪かったです」



僕らのチームはごっちゃん先生と30分交代の予定だったんですが、ごっちゃん先生は本澤会的ベスコンキャメルバックを忘れるという失態によりガッツリ熱中症に。
どう考えても熱中症へのベストラインをカチアケしてました。
命に別状がなくて本当に何よりです。
僕自身も前週のWEXイースト爺ヶ岳で熱中症になっているので他人事ではありませんでした。



レース中盤には全員強制で炭酸飲料を飲まされるという難所が設定されていました。



ペアライダーの分まで飲めとありがたい声援が…orz



熱中症予防のために強制的に水分を摂らせるという意味もあるゲームだったんですが、走るとお腹の中でシェイクされてゲップが止まらない!
ゲップして鼻がツーンとして涙が出て前が見えなくなるし、なかなかの罰ゲームでしたw


そしてレース結果です。



IAハンデで友也さん&一平ちゃん組が2位、1位は得地さん!



得地さんは150分を1人で完走、友也さんたちと同一周回だったとのこと。すごい50代!
そしてこの後なぜか真ん中の20位から名前が呼ばれ始めました。



真ん中からまたポディウムに立てるおもしろStyle!
V8!V8!



20位なのにまさかのお立ち台頂上ですよ!
ごっちゃんせんせいが熱中症になってなかったり、僕が20分間休憩してなかったらこの絶妙な順位をゲットすることはできませんでした!超ラッキーw
夏祭り感満載の草レース、エンジョイエンデューロ最高!



最後は友也さんとひろしくんの挨拶で〆です。



また来年も出ちゃうよ!



コースは面白いしクソ暑いしお祭り感高いしみんなフレンドリーだし、本当に最高の金沢ツアーでした!
来年はまえのめりのみんなをもっと誘って遠征したいです。
前日は走らないで昼からずっと飲んでてもいいかも。
むしろそのほうが早寝早起き健康Styleで熱中症予防になったりして。



関東組の僕らはレース終了後すぐにモトランドを後にしました。












また必ず来るぜ、金沢モトランド!












帰りは石川県初上陸のトミーになぎさドライブウェイを運転してもらうべく、一路千里浜へ。



20年ぶり!

砂浜を運転できるって気持ちいい
©せんせい

なぎさドライブウェイを満喫しました
©せんせい



てなことやってたらあっという間に時間が経ってしまいました。早く帰らなきゃ。
なぎさドライブウェイを離れた頃、トミーが体調不良に。
どうやら遅れてやってきた熱中症のようです。
寝不足&二日酔い&レースでよくぞここまで耐えましたって感じ。
以降4時間ほど後席でぐったりしていました。みんなホントにお大事に通信。










ところで今週末はJNCCハイポイントSUGOですね!
怒涛の三連戦の締めくくりです!

僕らTEAMまえのめりからはこんな感じでエントリーしてます。



TEAMまえのめり

FUN-C

  • #449 げんさん
  • #658 せんせい

FUN-WD

  • #964 トミー

COMP-R

  • #893 僕

城北カワサキRT(&まえのめり)

COMP-A

  • #01 ごっちゃん先生

COMP-B

  • #448 カナダボーイ(またまた勝手にまえのめり入りさせちゃうStyle)

Rise & Ride feat. まえのめり

FUN-WB

  • #938 いづみ嬢


皆さん、熱中症にはくれぐれも注意して完走しましょう!








最後は北陸道で見た日本海に沈む夕日で。



また金沢に行くぞ!



2015年7月30日木曜日

おいでまっし金沢ツアー 〜観光気分の土曜日編〜

先週末はゴテンツーリスト(近ツー的な)企画の金沢ツアーが開催されました。
もうごっちゃん先生のレポートひろしくんのレポートが上がってるのでそちらもゼヒ。
面白くてさっくり読める、安心のエントリーです。
僕のは今日も長いですよ。



今回の金沢ツアーですが、ごっちゃん先生が6月末に東京出張の予定だったのが流れてしまい、だったら僕らが金沢に行くって手もあるぜというところから話が始まりました。







この一言からすべてが始まりました。







WEXイースト爺ヶ岳とJNCCハイポイントSUGOの間の週末だけど行くしかない!
いつも来てもらってばっかりなんだしそろそろ僕らが金沢に行くターン!
なんて盛り上がってたら……







第3ヒートの面々もノリノリで手を挙げてきました!行くしかない!




てなわけで行ってまいりました、金沢。
僕が金沢を訪問するのは学生時代以来なので20年ぶりです。
今回の金沢ツアーに参加するまえのめりの面々は3人。僕、トミーせんせいです。

前夜2時にせんせいとトミーとともにせんせい宅を出発。3人で運転を交代しながら関越道、上信越道、北陸道と進みます。



が。



いつものように多忙なトミーは車中でずっと仕事。
さらには土曜午前中に届く資料を受けて日曜午前中に提出しなければならないお仕事まで抱えている有り様。
毎度ながらご苦労様です。



北陸道に入り糸魚川を抜ける頃には空もすっかり明るくなりました。
9時到着予定でしたが6時半には金沢に着いてしまいます。
ごっちゃん先生は野暮用があるらしいので、折角なので早朝金沢観光です。



真っ先に立ち寄ったのはここ!
バイク買うなら城北カワサキ

朝早すぎてお店は開いているはずもないんですが、とうとう金沢のバイクの聖地、鉄人山本さんの城を崇めることができました。
ちょうど7時になりそうだったので朝ごはんを食べに近江町市場へ向かいました。



朝から活発に人が動いていていかにも市場って感じ

近江町市場には朝7時から開いているお店がいくつかあります。
市場の中をぐるぐる歩きながら目的のお店に到着。



その名も「いきいき亭」

朝からいきいき亭の海鮮丼をガッツリ食べちゃいます!
このお店のオーダールールが独特で、注文を書いた紙をセロテープで入り口のガラス窓に貼り付けるStyleなんです。



これを店内から透かして確認してました

店内はカウンターが10席しかないんですが、店員さんが案内してくれた席がこれ。


オープンエアー!

夏の晴れた朝の外の席はすごく気持ちいいんですが、



思い切り地下道の出口正面です

むしろこういうロケーションも逆に観光気分をアゲてくれます。
金沢いいね!



見てくださいこの観光に浮かれた3人を

こんな感じで到着早々城北カワサキや海鮮丼で観光気分をカチ上げていたら、野暮用を終えたごっちゃん先生が合流。
一路、五天家へ!



金沢駅を見たいと言ったら前を通ってくれました
©せんせい



五天家に到着したもののトミーは引き続きお仕事。
ごっちゃん先生の準備が整うまで五天家をいろいろ見せてもらいました。



五天家名物のガレージ。超絶裏山!

どんだけ大臣好きなのか

スパロンが4台停められるよ!

玄関に鎮座する五天ガネーシャ



五天家見学をしてたら森さんとお仲間の一平ちゃん&はじめちゃんがもう金沢モトランドに到着しちゃいました。
ささっと準備を終えたごっちゃん先生に先導されて一路モトランドへ!



ところでごっちゃん先生プレゼンツな今回のツアー日程はこんな感じです。



土曜日

日中 金沢モトランドでMX走行
夜  夜の金沢で予選

日曜日

午前 エンジョイエンデューロ参戦
午後 帰路へ



ごっちゃん先生のホームコース、金沢モトランドを走りまくる2日間!
ハイスピードで高低差もあって一部危ないwと噂のモトランド、楽しみで仕方ありません。



モトランドへ繋がる超絶難所林道の入口
©せんせい



クロスパーク勝沼に向かう林道がガードレール無しの崖っぷちにあって難所感高いですけど、金沢モトランドへ繋がる林道は勝沼なんて目じゃないくらいの難所でした……。
ガードレール無しの崖っぷちは同じですが、絶対にすれ違えない狭さ!
あんなの対向車が来たらお互い絶望だよ!どうなってんだよモトランド!って思ってたら、カナダボーイからこんな情報が。







うそつけ!コースターなんて絶対ムリだろ!って思ってたら本当にコースターがやってきました。すげえ……。



38度を超える酷暑の中準備開始



準備をしているうちに徐々にみんな揃ってきました。



友也さん、ひろしくん、かえでちゃんが到着



写真で雰囲気伝わると思いますが、もうとにかく暑い!
朝の9時過ぎだというのに気温が38度を超えています。
コースも前評判通りめちゃめちゃハイスピードで、着地点の見えないジャンプをバンバン飛ばされるStyleです。緊張する!



あまりの酷暑に走るより休む時間が長くなります
©ごっちゃん先生

もはやおしゃべりしに来たも同然
©ごっちゃん先生



トミーは午前中走って午後からはトランポのエンジンをかけっぱなしにして車中でお仕事。彼女の生きがいである夜の予選のために必死です。
僕らはコースを走ったり、おしゃべりしたり、調子がよろしくないトミーのバイクのセッティングを変えたりして過ごして、あっという間にコース閉鎖の15時になってしまいました。



テストライダー森さん
セッティングがキマってニューメットの中で満面の笑み



ところで金沢モトランドの土って面白いんです。
タイヤに付くと何故か青くなるんです。



タイヤが青くなってるのわかりますかね?

これもんで色が付くんです



これってなんでなんでしょう?詳しい人おせーてぷりーず。






さてさて、モトランド走行を切り上げて夜の予選に向けて準備です。
山本さんにご挨拶するため、風呂ってすぐに再び城北カワサキへ。
物凄く忙しそうにされているところにお邪魔しちゃいました……。



噂のJNCC盾の山も見てきました!
生で見ても圧巻



予選会場は駅の方の繁華街にある加賀料理の居酒屋さん。
ここの魚と加賀野菜が激ウマ!



見るからに美味しいに決まってるお刺身



加賀野菜の金時草(きんじそう)ってやつのおひたしを初めて食べたんですが、ツルムラサキみたいな感じですっごく美味しかったです。
美味しい料理に生ビール!最高!
ラッキー商会ラッキーさんも合流して勢いは増すばかり!



エンジョイEDのチーム分けをあみだくじで決めて大盛り上がり
©ごっちゃん先生

第3ヒートの面々はトリオルックで夜の金沢を闊歩



この後は金沢に来たらどうしても寄ってみたかったお茶漬け屋さん「志な野」に行くつもりだったんですが、疲れからか一次会のお店で寝てしまったために断念。
僕、せんせい、友也さん、ひろしくん、かえでちゃんはコーヒーを飲んでから主のいない五天家へ先に戻りました。

飲む気満々の森さん、一平ちゃん、はじめちゃん、トミーは、躊躇するごっちゃん先生を巻き込んで夜の金沢の街へと消えて行きました。







はてさて、明日のエンジョイエンデューロはいかに!?



日曜日の様子はこちら


2015年7月28日火曜日

WEX EAST Rd.4 爺ヶ岳 〜ヴァルハラの扉の向こう側編〜

レース編のエントリーを書くのが遅れました。
遅れただけです。更新頻度は低くないです。



前夜の予選を経て決勝の朝を迎えました。
今回僕は90Bと120Bの2クラスにダブルエントリーしています。
ジョニエル-Gを走った時に、3時間でこのくらいの疲労度ならWEXのダブルエントリーはイケるんじゃないかと思ってしまったのがきっかけです。



90Bにはコイツで参戦します。



あぶない!
手前のKX85-Ⅱで参戦します



実はこのKX85-Ⅱ、直前にいつもお世話になっているピュアテックにお願いして100にボアアップしてもらいました。
岩渕さんから「爺ヶ岳に間に合わせますよ」って言われちゃったら甘えちゃうに決まってます。はい。



岩渕さんとロッシ営業本部長

外された85のシリンダーとピストン

video



KX85-Ⅱの100へのボアアップは腰上パーツの交換だけで腰下に手を入れる必要がないというシンプルさだったようです。
確かにカタログを見ると一次減速比も二次減速比も85と100で全く同じです。
岩渕さんも85ユーザーの大人には積極的にオススメしていきたいって言ってました。



でもってKX85-Ⅱ改100にて参戦した90ミニッツのレースの様子はこちらです。







2st最高!脳から変な汁がドッパドパ出てきます。
100にして変わった一番大きなポイントは、低中速のトルクが全体的に太くなったことです。
高回転域は85とあまり変わりはなく、低中速の変化が大きいので相対的に伸びが無いように感じますが、もっともっとと求めてしまう性がそう感じさせているだけです。



全開が気持ちよすぎて脳汁ドッパドパ

フルサイズと比べるとパワー不足は否めません

身長179cmの僕が乗るとチャリみたい



85だとトルクが足りなくて半クラを使いまくっていた上り坂再発進なんかがとても楽になりました。
それと加速時の半クラも85ほど多用することはなくなりました。クラッチ長持ちになったりして。
100へのボアアップは悪いところなしです。

そんなウキウキマシンで参戦した90Bの成績は……



クラス7位、総合11位でした!

勝沼以来の表彰式ふっふーー!



うむ!上出来!
今回はリアタイヤを新品のMX32にしたのですが、フロントは車両を買った時から一度も換えていないMX51Fでした。
悩んだ末にそのままにしたんですが、やっぱフロントタイヤって重要。
チュルチュル路面でスパーンと転けて無駄にタイムと体力を消費してしまいました。
タイヤを前後新品にするだけでもっと良い成績が望めそうな気がします。





続く40ミニッツにはげんさんが参戦しますが、120に向けて体力を回復させるために車でゆっくり寝かせてもらいました。
考えてみればこの時にもっと水分とミネラルを補給しておくべきでした……。
一応バナナとアボカドと梅干しを早めにお昼ご飯にして寝てたんですが、圧倒的に水分が足りてなかったのかも。





目を覚ませて90ミニッツの表彰式を受けてから120ミニッツの準備です。
疲れが残ってるなーと思いながら準備をしてたらとっくに整列時間を過ぎてしまいました。
そんなシャキッとしない始まりとなった120ミニッツの動画はこちらです。







サムネイルで大体お分かり頂けますかね。はい。



惨敗でした(泣



今回の120ミニッツはなんとCOMPガレクライムが設定されていました。WEXなのに!
ジョニエル-Gでは一度も登頂できなかったので、今回のWEXは順位関係なしでとにかくCOMPガレから逃げないことを目標にしていました。

1周目にイゴったものの登頂に成功。
幸先いいぞと2周目も迷わずCOMPガレに向けてアクセルカチアケ。

しかしこの時既に体は熱中症初期症状。
下半身でバイクをホールドするどころか、転倒後に引き起こす力すら出てきません。



力が出ないどころか吐き気がこみ上げてきます。熱中症です。



てなわけで2周目にしてオアシス行き決定です。
オアシスとは今大会に特別にFUNガレ頂上脇に用意された救護避難所です。
パラソルと扇風機と椅子が用意されていて看護師もスタンバイしてくれている、WEXで一番天国に近い場所です。



荒野に輝く一筋の光、それがオアシス



爺ヶ岳のオアシスはこんな場所でした
OS-1や食塩も用意されていました



RQNもオアシスで待機するという事前情報だったのですが、何故か男性の看護師とひげもじゃのマーシャルしかいません。
RQNってレースクイーンのことじゃなくてルキュンっていうなにか違うものだったのかも。アレかな。舐めさせてもらった食塩のことかな。



意識を朦朧とさせながら椅子で休んでいると、危険紳士坂の方から見覚えのある地蔵が歩いて来ました。

デニーロです。



力ないピースあらため2秒で殺すサインでお出迎え



FUNガレをエスケープせず登りきったにも関わらず、危険紳士坂でスタック。
そのままイゴイゴしてたら熱中症になってしまったとのこと。
二人して両手を痺れさせてオアシスで休憩地蔵です。




暫く休んだおかげでバイクに乗れそうな予感がしないでもない可能性も考えられるくらいに回復したので、危険紳士坂の上に置いてあるバイクまで歩いて向かいます。

しかしなんということでしょう。2歩歩いては手を両膝についてしまう有り様です。

なんとかバイクまで辿り着いたものの、ここから計測ゲートまでの道のりは長いです。



【スタート】危険紳士坂
ガレ下り
止まったら死ぬ坂
上のウッズ
下のウッズ
つまらないゲレンデ
COMPウッズ
RRR下流下り
最後のゲレンデ
計測ゲート
【ゴール】ピットエリア



COMPウッズで吐き気をもよおしてセルフスタック。
RRR下りに耐えられるくらいまで回復させて再スタートしたものの、意識が朦朧としてきます。
最後のゲレンデ最下部でABIT-toolsの山田さんたちが応援してくれていたので、力を振り絞って



「救護!」


って叫んでみましたが、実際には



「○☆△□×◇……」



みたいな声だったようで……。
計測ゲートを通過したら一気に力が抜けてしまい、ピットエリア直前でコケてしまいました。



引き起こす力がなくて呆然としているところ
©ABIT-tools



どうにかバイクを起こしてピットエリアから救護室へバイクで直行。



散々な結果でした……
©せんせい



これにて僕の120ミニッツは終了です。



正直、まだ梅雨が明けずにマディの爺ヶ岳を涼しさを感じながら走るイメージでダブルエントリーしちゃいました。
よく考えたら毎年WEX爺は暑さにこてんぱんにやられているんでした。大反省。

前の週に開催されたJEC阪下で熱中症になって救急車に搬送されたBONSAIMOTOの多川さんにまで心配されちゃいましたが、なんとか無事復活しています。
後片付けを手伝ってくれたチームのみんな、バイクを洗車してくれたごっちゃん先生とかすがい。とくにかすがいは帰り道をまるまる運転してくれたりで世話になりっぱなしでした。
みんな本当にありがとう。


しようこちゃんからチームみんなに「真夏のレースのダブルエントリー、ダメ、ゼッタイ令」が発令されました。
もう無茶はしません。ごめんなさい。









8月2日のJNCC Rd.5 ハイポイントSUGO、不安だな……。