2015年5月27日水曜日

JNCC Rd.3 ジョニエル-G 爺ヶ岳 〜日曜はつらいよ COMP編〜

とうとう始まってしまいます、僕の爺ヶ岳初COMP。
プラザ阪下はKX85-Ⅱで参戦しましたが、今回はさすがにKX250Fで参戦です。



爺ヶ岳でCOMP、自分にとって今年最大の試練



ドライブスプロケットカバーですが、いろいろな方々からアドバイスを頂いて結局付けることにしました。
tacさん消極的オススメwのZETAのドライブスプロケットカバーがギリギリ間に合ったので現地で装着しました。



凸凹2巻と共に届きました



ノーマルより泥抜けが良さそうですし、ウッズで草や枝を巻き込んでもうまく排出してくれそうな予感。



いよいよスタート整列です。



COMP-Aの岩鬼さんがSevenを着たので岩鬼さんレプリカになりました
メットもブーツも同じな予感……
©美人カメラマン



今回のスタートラインはとてもワイド。
COMP-Rの中でも整列順が後ろの方の僕は3列目スタートを覚悟していましたが、なんと1列目を確保することができました。
しかもほぼ真ん中でホールショットも狙える位置!



前に出るイメージ! イケる気しかしない!
©公式フォトギャラリー



日章旗が振られた!アクセル全開!
いっけえ!!!俺のKX!!!!



くぅっ……届かず! しかしいい位置!
©トミー

1コーナーを抜けて3位!土煙のないいい位置かも!
©WA岩井さん



はい。良かったところはここまで。
あとはもう全然です。



ゲレンデ登り入り口で超低空スクラブをメイク
©美人カメラマン



右ゲレンデ

土煙で見えない上にボッコボコで全然気持ちよく走れませんでした。

RRR源流

初の源流、コケたのは1回だけどとにかく全然ダメ。

源流を抜けてCOMPガレに向かう僕を応援してくれるトミー
©美人カメラマン

COMPガレクライム

手前の浮石で全く加速させることができずエスケープ分岐あたりで失速する始末。
結局1回しかトライできず、その1回も中腹で転倒→エスケープ。

ガレクライムに挑むかどうかずっと悩みました

エスケープ最上部をへっぴり腰で登る僕
©美人カメラマン

上のウッズ

そこそこいい感じで走れたけど使い古しのVE-35(フロント)で来るべきではなかったです。フロントが滑って仕方ありませんでした。

RRR上流

大っ嫌い!!!ぜんっぜんどう乗っていいか分かんない!!!

左ゲレンデ

去年からずっとそうですが、ガレガレくねくねで全然気持ちよくなかったです。
地味に体力を削られて完全なシッティングライダーに。
2年前のご褒美レイアウトに戻して欲しいです……。

RRR下流登り

ガレ場の中で唯一問題なくイケた区間。
ゲコタの威力を存分に体験できました。ゲコタすげー。

COMPウッズ

思っていたよりラインがハッキリしてて迷子になることも少なかったので、下見の時に感じた不安は杞憂に終わりました。
休憩してた飯野さんが突然追いかけてきてぺろーんされたのもいい思い出ですw

COMPウッズに入る僕
©美人カメラマン

結果としてラストラップになった周回。
COMPウッズ最後の登りでいい勢いで走ってたら右側の木に思い切り激突してしまいました。
あの時目の前で見てた女性の方、ご心配をおかけ致しましたが僕は元気です。

これでフロントブレーキホースのバンジョーを折っちゃってフロントブレーキ終了。
ラストラップで本当に良かった……。
マーシャル長のヤッサンの言うとおりアルミのハンドガードにするべきでした。

「ブレーキオイルがピュッピュッてお漏らししてるお」
©美人カメラマン

RRR下流下り

去年のWEX爺ヶ岳の時の方がよっぽど上手に走れました。
どのガレ場でもずっとフロントが跳ねる感じがあって本当に走りにくかったです……orz

RRR脇流

ここも全然ダメ。
谷地トラップにハマることはなかったけど最初のガレ下りで体力を消耗しつくしました。
フロントブレーキを壊した後にここに入るのはとても勇気がいりました。








6周走ってRクラス18位、総合115位でした
©美人カメラマン







体力の限界!気力も無くなり……(うっうっ









コース脇で応援してくれたみんなの声にとても励まされました。
せっかく応援してくれてたのに「もうやだ」とか「帰りたい」とか言ってごめんなさい。
だって本当にツラかったんだもの……(涙





あと今回最大の失態といえばですね。










GoPro録画失敗









あんなにメシウマシーンいっぱいあったのに全部撮れてなかったのかよ!くそう!orz















走り終えてあらためて思いました。
なんで爺ヶ岳ってこんなに人気なんですかね?
今回はみんなコテンパンにやられまくったわけですが、今回のコンディションが厳しかったことを差し引いても毎回ボコボコにやられているわけで。

爺ヶ岳が得意だという人もいるにはいますがそれは極少数で、殆どの人は苦手意識とか嫌いっていう感情が先立っていると思うんです。



なのになぜこんなに毎度人が集まるの!?



正直今回は初の爺COMP参戦で、僕は体力を全部持って行かれて後半は地蔵乗りのツーリング状態でした。
昨日の夕方までガレとか思い出したくなかったし、爺ヶ岳のレースそのものを考えたくないくらい心が折れていました。

だけどある写真を見て、なにかスッと憑き物が落ちたと同時にこれか!と閃きました。



ホールショットを奪ってやる気満々の瞬間
©美人カメラマン

左からすげえ速い人登場
©楠堂さん

悔しいことに怯みました
©アキさん



いいところもあったじゃん!



しょぼい走りを綺麗に撮ってくれる人がいるおかげで良かったことを少しずつ思い出してきました。
RRR登りは一度もミスらなかったしCOMPウッズではそこそこパスできてたよな……。
ダメダメだったけどいいところもあった。
ダメなところを1つずつ潰していければもっとイケるんじゃ?



基本的にダメなんだけどいいところを思い出してきちゃって、もしかしたら次はイケるかもと思わせる爺ヶ岳。



土曜日は忙しいよ編の冒頭で「クロスカントリー界の全部入り、それが爺ヶ岳」って言いましたけど、ちょっと違うかもしれません。

訂正します。























クロスカントリー界のラーメン二郎、それが爺ヶ岳























どう考えても「角煮が余計」とか「煮玉子が要らなかった」とかいうレベルじゃないんですよ。





食べる前の意気込みと食べ終えた時のウンザリ感。
これは完全に二郎です。





今回の爺ヶ岳は大ダブルカラカラ野菜マシマシにんにく脂マシ。
食べる前からビジュアルで意気消沈してましたからね。



完食してもう二度と食わねえと思うんです。
でも時間が経つと「麺の歯ごたえがよかった」「乳化したスープがおいしかった」「野菜より麺を先に片付ければ楽だったんじゃないか」って考え始めて、結果イケる気しかしなくなってくるんです。
うん。爺ヶ岳は完全に二郎。間違いない。

IJHMJHKSSってのはつまり二郎中毒と同じ現象なんじゃないでしょうか。








あともう一つ。
ゴールした後に二度と出ねえモードのひろしくんと話してたんです。
総合順位でひろしくんを上回ってたんですが、なんというか、全然嬉しくなかったんです。

理由は簡単。





僕は一度もCOMPガレクライムを登頂できていない。





レースに勝って勝負に負けた、もうホントその一言。
COMPガレクライムを一度でもクリアしていれば少しは嬉しかったんじゃないか。
あそこでエスケープに逃げた俺は一体爺ヶ岳に何をしに来たというのか。




クロスカントリーですからね。周回数が順位なわけですよ。それがルール。
でも爺ヶ岳に限ってはなんか違うんですよ。
難所をクリアしたライダーとそうでないライダーの間には明らかな超えられない壁があると思うんです。

爺ヶ岳だけは周回数+難所クリア回数のポイント制で順位を決めていいんじゃないかってくらいに思っている自分に気付かされました。








こうして人は爺ヶ岳に吸い寄せられているのではないでしょうか。












そして。












ハードエンデューロに興味が湧いている自分にも気付かされたわけで……。





Beta欲しいよぉぉぉ








JNCC Rd.3 ジョニエル-G 爺ヶ岳 〜日曜はつらいよ FUN編〜

前夜の予選、L1が出た頃にNAGmotorsがテキーラの瓶を片手に僕らをぶっつぶしにやってきました。
酔っ払いながらBeta欲しいよぉぉぉって話しこんだけど翌朝スッキリ目覚めました。
ビール、日本酒、焼酎、テキーラという難所をクリアできて、予選に更なる自信を持つことができました。



朝ごはんを食べて〆のバナナをmgmgしてたら美人カメラマン登場。
でかいレンズを付けたカメラを肩から下げて「これから仕事行ってくる!」と元気にゲレンデへ向かって行きました。
キッズ&トライクラスは朝早いからなー。


ここでお知らせ。



オレンジ色のバイク白いバイクに乗っている方々は今回のジョニエル-Gの写真にご期待ください。
イケてるライダーはよりかっこよく、イケてないライダーはそれなりに……美人カメラマンが撮ってくれているはずです☆

早速上がってました!→ KTMJのfb



キッズ&トライのレースが進む中、FUNクラスのライダーは着々と準備を進めていました。
いよいよFUNクラスの整列です。



すげえ台数!
©美人カメラマン



FUNクラスはエントリー数がハンパじゃないのでゲレンデ中バイクで埋まるような感じでした。
1コーナーが狭いので転倒渋滞は必至ですね。
いかに速く抜けるか、またはいかに巻き込まれないかの二択。

整列が終わったようなのでグリッドのみんなを励ましに行きます。



憂鬱そうなせんせい

サザンに続きお酒が抜けた意識の高いトミー

IAワタライさんといづみ嬢
デニーロがデニーロ顔したところで褒めてやりません

やる気満々のげんさんとやる気なさげな休憩地蔵

スタート出る気満々のなかしさん



FUNクラス、いよいよスタート!
動画はこちら







FUN-A

山本さん、HSは逃すもいい感じの出だし。

FUN-B

少々の混乱でFUN-Cスタートの不安が。

FUN-C

最前列イン側を確保したなかしさんがいい感じで1コーナーに飛び込むも、両サイドからバタバタと倒れこまれて行き場をなくしてスタック!orz
あの人数に対してあの1コーナーはちょっと厳しすぎたんじゃないかなぁ。
ゲレンデ登りも先頭以外は土煙で何も見えなくて怖かっただろうなー。

WOMEN

WA岩井さんがHS!カッコイイ!
WBいづみ嬢がアウトからそこそこいい位置で1コーナーをクリア。
WDトミーも落ち着いて1コーナーを抜けてゲレンデ登りへ。

FUN-D

せんせいは無理せず後方からのスタートを選んだ模様。混乱もなくゲレンデ登りへ。



ここまで見届けてすぐにGシャトル乗り場へ。
FUNガレ分岐点でみんなを応援するのだ!!!
急いでシャトル乗り場へ向かうとなにやら怪しげな団扇を持った人がいるじゃないですか。



ぺろーん団扇www ちーむはだエプのみのちゃん!



「抜く時はぺろーん」の提唱者、ちーむはだエプのみのちゃんこと飯野さん!
こんなものまで作るとはwww



Gシャトルに揺られてFUNガレエスケープルート脇まで連れてきてもらい、そこからRRR源流を登りながらFUNガレ入り口へ向かうと、なかしさんが目の前を駆け抜けて行くじゃないですか!
これは2周目かな?
JNCC初参戦なのにFUNガレに脇目もふらず挑むなかしさんカッコイイ!



しかし残念ながらスタック……



かなり長いことイゴイゴしていたようで、結果……



真っ白な灰になった父の背中を激写するデジタルモグラ
©美人カメラマン



大変お疲れ様でした……。
この後真っ直ぐパドックに帰られました。






FUNガレから少し戻って分岐点に行きます。
分岐点でチームのみんなに「いってこーい!」と激励するお仕事をせねば!!!



分岐点で「いってこーい!」と激励する僕
©トミーのヘルカメ動画



みんなの反応は……





せんせい

ノールックエスケープ。

トミー

一瞬躊躇するもアクセル開けてFUNガレへ。

げんさん

脇目もふらずFUNガレへ。但しGoProは下を向いていた。

デニーロ

日陰で休憩地蔵





阪下でのガキさんの気持ちってこんな感じだったのかなーwww



超楽しいwww



しかしそろそろCOMPの準備をしなければなりません。
ずっとここで激励し続けたかったけど、残念ながら下山します。



Gシャトルを待つこの風景がすごく良かったなぁ



みんなのヘルカメ動画はこちら



©トミー


©なかしさん


©デニーロ



©げんさん


みんなそれぞれ楽しんでた様子!
僕もFUNクラス走りたいって思ってしまいます。
Wエントリーなんて絶対ムリだとわかってるけど、みんなとイチャコラしたくなりましたw






パドックに戻るとそこには灰になったなかしさんが。



おつかれさまでした……
©ひろしくん



COMPの準備をしている間にFUNクラスがチェッカーを迎えました。

最初に帰ってきたのはせんせい。
「チェッカーが振られるのを待ってから降りてきた」

しばらくして山本さんが戻ってきました。
とても納得のいっていない表情……。

いづみ嬢、トミー、デニーロ、げんさんがぽつりぽつりと戻ってきます。
みんなへばりきっています。

実は僕らのパドックのすぐ近くにこんな清流が流れていました。



気持ちいい!



レース前から「月山するんだ」と言っていたトミーが清流に向かって歩いて行きました。



「きゃああああああああ!!!」



悲鳴とも奇声ともつかぬトミーの叫び声が!
水に足を取られて流されたんじゃないのか!?ヤバいんじゃないか!?


















雪解け水の冷たさを舐めてただけでしたw
©美人カメラマン



凍えながら戻ってくるトミーとげんさん。
それをニヤニヤと撮影する美人カメラマンのカバンからは大量のワラビとゼンマイが。
みんな自由だなーwww



ただ今回の爺ヶ岳は相当コンディションが厳しかったらしく、みんなヘロヘロになって帰ってきていました。
デニーロは両手を攣りまくり。
げんさんは「石ころを見ると吐き気がする」と。
トミーは徘徊老人のような動きで「私なんでこんなことやってんだろ」と言い出す始末。
なかしさんは「二度と出ない」w





でもホントかな?
数日後にはIJHMJHKSSって言ってるんじゃないかな!








などと当時の僕は供述しており……








続きは日曜はつらいよCOMP編にて




2015年5月26日火曜日

JNCC Rd.3 ジョニエル-G 爺ヶ岳 〜土曜は忙しいよ編〜

いよいよやって参りました、今年2戦目のJNCCです。

Rd.2の広島はさすがに遠すぎて無いわーと思ってDNSしました。
DNSしましたが、YouTubeにヘルカメ動画が上がってくるに連れてもしかして一番面白いコースなんじゃねーの?という気分になってきました。
来年の広島は出るかも……。



で、待ちに待ったJNCC。第3戦は爺ヶ岳!



大人気ラウンド爺ヶ岳!
©美人カメラマン



爺ヶ岳といえば毎回500台を超えるエントラントを集める大人気ラウンドです。


ボコボコなゲレンデ
ツルツルなゲレンデ
カチカチなゲレンデ
ガレガレなゲレンデ
ガレクライム
ロックンロールリバー(以下、RRR)源流・上流・下流・脇流
広大なウッズ
バイクが刺さる谷地
ガレたウッズ


などなど難所てんこ盛りな上に登り下りのバリエーションが豊富なのが爺ヶ岳の特徴です。
ラーメンで言うと1080円くらいの全部入りです。



クロスカントリー界の全部入り、それが爺ヶ岳



走る度に違う表情を見せるコース、様々な難所。
エントリーする度に「角煮は余計だった」「煮玉子も余計だった」と後悔するも、「チャーシューが絶品だった」「明太子が美味しかった」なんていうご褒美体験があったりします。
前回失敗したけど今回はイケる気しかしない。そう……






\IJHMJHKSS/



毎回レース後にこんな気持ちが湧き上がってしまう、そんなコースなんです。



てなわけで今回は僕のトランポにトミーげんさんが相乗り。
さらに今回はあの美人カメラマンもお仕事を兼ねて一緒に爺ヶ岳へと向かいました。
土曜朝4時半に我が家に集合して積込してレッツゴー!



積込前に給油してガソリン駄々漏れのおもらしトミーStyle
©美人カメラマン

DJ kusudoの80's 90's中心の選曲でテンションカチアゲながら中央道から長野道へ
©美人カメラマン

しかし後列は睡眠不足により撃沈
©美人カメラマン



追記:
げんさんは美人カメラマンのお迎え、トミーは予選用のおつまみの料理で睡眠不足でした。二人共ありがとう!



談合坂SAでせんせいと合流、爺ヶ岳近くのファミリーマートでデニーロ、JKRT山本さんごっちゃん先生、NWRT大地くん親子と合流。



ファミリーマートでちょろいりー春の新作ファッションショー
©トミー

爺ヶ岳まであと少し
©トミー



ホントはIAワタライさん&いづみ嬢も一緒に合流する予定だったけど、ワタライさんがもう爺ヶ岳にいるという山本さん情報を受けて出発。
でも実はまだ到着してなかったというw

爺ヶ岳に到着するやいなや、一番奥の林が近いエリアを確保すべく山本さんが奔走。



山本さん「ここ、どかんがー?!」
他車(そそくさと移動)



山本さんに「ここどけよ!」と言われたと勘違いして移動してくれた様子……。
FUN-Aディフェンディングチャンピオンのテキパキとした采配にビビっちゃったのかなw
そうしてできあがったのがこれ!



非公式カワサキパドック!

左から順に

  • FUN-WB #938 いづみ嬢号
  • COMP-A #09 IAワタライ号
  • FUN-A #01 山本さん号
  • COMP-A #01 ごっちゃん先生号
  • COMP-A #209 大地くん号
  • COMP-R #893 issui号
  • FUN-C #449 げんさん号
  • FUN-C #565 なかしさん
  • COMP-A #208 ひろしくん
  • COMP-R #931 植田さん号

てな感じで今大会にエントリーしているカワサキ車の約3分の1が集結。
ここには写っていないけど、COMP-AA2の得地さん号もあったから11台のカワサキが。
カワサキのぼりを持ってきてくれた山本さん、IAワタライさん、ありがとうございました!
カワサキの中の人にも見て欲しいナー(チラッチラッ)




準備もそこそこに、昼飯前に下見ツアーへ。
今回のガイドはCOMP-AA1の松尾選手です。



COMPはRRR源流を向こうから下らされます

COMPガレクライムとエスケープ、運命の分かれ道

ウッズには倒木多数

RRR上流は漬物石にも使えないでかい石だらけ

キックペダルの木が生えてました

上流抜けたらガレたゲレンデ

ゲレンデの後はRRR下流の登り

 RRRを登り終えたらCOMPウッズへ

鬱蒼と茂るバージンウッズを行かされます

再びRRR下流へ戻り降らされます

ゲレンデには出ずRRR脇流へ…ガレは続くよ

COMPウッズ最下部の谷地は今回も健在

ゲレンデに戻るとテーブルトップ風なものが



ふぅ……。ガレとウッズしか無いぜ……。

コース図で気付いてたけど。

コテンパンにやられる気しかしないぜ。



ここまでJKRTの得地さん、植田さん、デコフレの林さんと一緒に回りました。
いろいろアドバイスありがとうございました!



ざっと2〜3時間は歩いたでしょうか。すっかり腹ペコです。
お昼ごはんは石戸屋のモツ煮丼で決まりです。



モツ煮丼うまー!
©ごっちゃん先生



夜の予選(宴会)に備えていそいそとパドックの準備にとりかかります。



俺たちにはビールサーバーがある!のだ!
©ごっちゃん先生



せんせいのマイビールサーバーで生ビールを20L用意しています。やる気充分です。
とっとと風呂って予選開始!!!



ごっちゃん先生が買ってきたナイス肉を焼き焼きしつつ生ビール
©ごっちゃん先生

デニーロが買ってきた松坂ポークを山本シェフがカット

もちろんマナブギョーザもてんこもり
©美人カメラマン



トミーが作った大根の煮物の写真が無かった……。



途中MC GEARの大西さんやチームケイズの面々がやってきたりで宴もたけなわ。
宴も落ち着いてきてNWRTの皆さんが宿に向かいました。

ゆっくりと椅子に座って語らっていると、パドックのあちこちから響き渡る奇声がw
しばらくたって美人カメラマンが奇声の主を連れ帰ってきて宿に向かっていきました。大人の女を感じました。

その少し後にチームケイズの面々も帰って行き、0時半過ぎにお開き。



朝4時半から20時間休みなしの土曜日でした。








日曜はつらいよFUN編につづく……