2015年3月26日木曜日

2015年シーズン用デカール完成!

我らTEAMまえのめりのロゴは、ジェイケイデザインプラスプロダクツのjkさんがデザインしてくれたものです。




そもそもこれはさてさんによる無茶ぶりから始まったロゴ作成でしたw
その節は本当にお世話になりました。



でもって更に調子に乗ってバイクのデカールまでお願いしちゃったのが去年です。


カッコいい!

WEXに全戦参戦している間にデカールはジャギジャギに。
一度張り替えたものの、マディだらけ&よくコケるためにあっという間にズタボロになってしまいました。




今年も新しいデカール欲しいなぁ……。




そんな話をチームのみんなと話し、希望者を募ってまたまたjkさんにお願いしちゃいました!


今年のテーマは横文字!SX風味!
人によって好みは違うので、チーム共通のポイントを設けてデザイン路線が共通な人たちごとに詳細を詰めましょうという、非常にデザイナー泣かせなクライアントとなってみました……。
jkさん、無理言ってホントスミマセンでした!!!





やりとりさせてもらいながら色々なアイデアを盛り込んで、去年を上回る満足度のデザインが出来上がりました!


デカールデザイン中の副産物


デカールが出来上がったとのことで、早速貼り付け。
今回はブラムレーシングさんの店内をお借りしてjkさんに貼り付けしてもらっちゃいます。
(mixiコミュニティしか見つからない……)
ブラムの横山さん、ありがとうございます!
jkさんはモーターサイクルショーの準備で連日の徹夜。お疲れ様です……。





曲面が多いところをjkさんにお願いして、自分は簡単なフロントゼッケン、フォークガード、スイングアームにデカールを貼り付け。
貼り付け作業中にやってきたエクストリームバイクスタント第一人者の小川裕之選手が、横山さんとなにやらごにょごにょなお話。気になるぅぅぅ。



聞き耳を立てながらスイングアームにぺたぺた


なんてこともありながらとうとう完成が近付いてまいりました!














貼り付け作業中のjkさんと、完成に近づく僕のKX250F!



コンセプトは横文字!SX風味!



ふっふーー⤴⤴ デザインイメージを上回るデキに大満足です!



ヤクザゼッケンは明るいブルー背景に!

フロントゼッケンの張り込み結構苦戦しちゃった…



SXを彷彿とさせながらオリジナリティ溢れるデザインを模索して出来上がった力作のシュラウドです。



節操無い感じがお気に入りです


Front-Flippersのデザインアイデアは我らTEAMまえのめりが誇るちょろいりーデザイナーによるデザイン。これを元にjkさんがアレンジ。
勝ち星を取るために大きく星を配置してみました。
見たことある?気のせいじゃないですかね。


そして今回初登場のキャラクターも外せません。



翼を授かるまえのめりくん


ラフデザインの時からもうこれ絶対配置したい!ってデキでした。
パクリじゃないかって?失礼な。
敢えて言うならインスパイヤなんじゃないですかね。シランケド。



リアフェンダーも力作


リアフェンダーには

のロゴを惜しげも無く勝手に配置してみました。イカス!
(多川さん、勝手に並べちゃってスミマセン。NGの場合はご連絡下さい!)








まずは今週末、WEX-EAST Rd.1 クロスパーク勝沼でシェイクダウンです。
気温が上がるみたいだから熱中症に気を付けないとなーと思ってたらこれなんなんですかね……。



雨……だと?!


ピカピカのデカールがドロドロになっちゃう……。うっうっ。

とにかく去年のJEC Litesみたいにコースカットの嵐にだけはなりませんように。

奇跡の偶然祭り

全然バイクの話じゃないんですけどね。




先日会社にお問い合わせがありまして。
新規のお取引の打診というありがたいお話だったんですが、名前と会社名を見てうん?と。




これはもしかして、最近twitterでめっきり姿を見なくなったあの人なんじゃねーの?
恐る恐るメール末尾に書いてみました。


追伸:
○○○○さんですよね?issuiです。
人違いでしたらすみません。


これ書くのに30分くらい悩んだつもりだったのに、返信のタイムスタンプ見たら6分で返信してました。


そしたらこれが大当たり!
いやあ、世界って狭い。いつどこでどんな再会があるかわからないですね。
しばらくお互いの近況報告のやりとりをしちゃいました。
最近はめっきり波乗りオンリーで、CRF50にも全然乗っていないとのこと。
またそろそろ乗りたいなーなんて話をしてました。




そんなこんなで今朝。
オフィスに僕宛の荷物が届いたんです。

なんかバイク用品買ったっけ?最近は会社受取にしてないはずなんだけどな。

荷物の送り主はなんと○○○○さん。



品名「書類・ジャージ



ジャージ?
袋を開けてみました。












友也さん!?










○○○○さんが持ってるより僕が持ってたほうがいいだろうってメッセージと共に、サイン入りジャージを送ってくれました!

しかもまさかの友也さんジャージ。
これですよね?





サプライズに次ぐサプライズ。
偶然が偶然を呼ぶ、すごい再会でした。

2015年3月13日金曜日

JNCC Rd.1 サザンハリケーン大阪 〜COMP初出場編〜

序章はこちら
試乗編はこちら
FUN大バトル編はこちら



FUNの表彰式を終えていよいよCOMPのレースが近付いてきました。
ごっちゃん先生とOGWくんの言っていた通り路面はベスコンです。



FUNクラスでかすがいが追突されて負傷していましたが、どうやらコースのアチラコチラで接触事故が起こっていたようです。

げんさんが「るかちゃんが担架に乗せられて運ばれてた」というのでタダ事じゃないなと心配になりました。
るかちゃんもやはり接触に巻き込まれて転倒、救急車で運ばれていってしまったそうです。
当然OGWくんも病院に向かっているのでCOMP-Aへの出場は残念ながらキャンセル。
るかちゃんの無事を祈りつつ準備を進めました。



ところで今日は僕らTEAMまえのめりにとって縁ある人が応援に駆けつけてくれました。
茨木繁さん、通称GAKIさん、そしてあいらさんです。

GAKIさんといえば元YAMAHAワークスライダーで、世界GPでは若かりしヴァレンティーノ・ロッシにも勝ったことのあるライダー。
そんなGAKIさんが40を超えてから一念発起、一昨年鈴鹿4耐でレースに復帰して2位表彰台を獲得。そして去年の鈴鹿4耐ではなんと優勝したというすごいライダーなのです。

2013年鈴鹿4耐2位表彰台
©Team青春MotoPod

4耐の時はTEAMまえのめりの有志で一般スポンサーとして応援したり。

公式サイトにまえのめりのロゴが!
©Team青春MotoPod

バイクにもまえのめりステッカー!
©Team青春MotoPod


お二人と僕らTEAMまえのめりの馴れ初め話はいずれまた。



何を隠そう、僕がレース活動に復帰したのはGAKIさんの影響なのです。



復帰と言いつつウェストポイントカップとかピットクルーカップくらいしか出てませんでしたが、仕事が超多忙だったりなんだりでレースともバイクとも少々距離が空いてしまっていたのは事実。
やっぱりバイクは乗ってなんぼ。レースは出てなんぼ。
GAKIさんが復帰に向けてトレーニングを積んでいるのを見て、またレースに出たいという気持ちを抑えられなくなってしまったのです。



だから今日はヘタレなレースはしたくない!
絶対にだ



ミニモトだけど絶対丸太に行ってやる。



ではCOMPクラスのエントラント紹介です。
懲りずに名門JKRTと並べちゃいます。

COMP-AA2

  • #12 JKRT 得地さん KX250F

COMP-A

  • #01 JKRT ごっちゃん先生 KX250F

COMP-B

  • #448 JKRT カナダボーイ YZ250FX(!?)

COMP-R

  • #893 TEAMまえのめり 僕 KX85Ⅱ


なんか1台緑じゃないのがいますね。なんなんですかね。やる気あるんですかね。



COMP-R初出場、しかもKX85Ⅱでエントリーなので皆々様とガチでやりあおうなんてこれっぽっちも考えていませんでしたが、フルサイズマシンをどれだけやっつけられるかだけ考えていました。

同じCOMP-Rクラスには前日やっとご対面できたティスレーシングチーム細見くんがこれまたYZ250FXでエントリー。
隣のグリッドに並んで僕に砂をぶっかける気まんまんです。



昨日下見ツアーに参加したとはいえ、上のAコースはまったく下見できていません。
でも最初にある程度前に出ておかないと変な渋滞に巻き込まれる可能性もあります。
渋滞に巻き込まれなんかしたら2周目にはAA1のマナブさんやケンジさんのレブレブ音を聞く羽目になるに決まっています。

コースはわからないけど前に人がいればなんとなく予想つくんじゃないか?



イケる気しかしない!



そんなこんなでいよいよやってきました、おやじちゃんの……






\テーーーーーンセカンズ!/






くううううぅぅぅぅ!!!
これをグリッドで聞きたかった!!!嬉しい!!!


AA1のエンジン音が轟く。
猛烈な速さで駆け抜けていく排気音。
いよいよCOMPのレースが始まりました!ワクワク!

そしてCOMP-Rもスタート!

ミニモトで!フルサイズを!喰う!







動画を見てもらうと分かるんですが、下見していないコースのあちこちで「うおお!」って声を上げています orz

下りと知らずに思い切り飛び出したり、クランクと知らずに飛び出したり、基本、前に誰もいない状態でむやみに飛び出して怖い思いをしていました。
下見大切。マジ大切。



そして1周目を終えてCOMP-R 7位で通過。いい感じ。



これなら迷うこと無く丸太に突っ込める!



メーカーピットエリアを抜けて視線はまっすぐ。
向かうはデカいタイヤ。

おりゃっ!
©しみちゃん

ほらいけた!
イケる気しかしない!



次は丸太のやぐら。
前に人がいる、エスケープにいけ、という楽さん?のアナウンスが聞こえます。
青ゼッケンのミニモトが丸太に進入したからかな……。
お構いなしにやぐらに突入。

ちょろいぜ!
©岩井のり子さん

あっさり登頂。
心なしかほうぼうから応援の声が聴こえるような。

ブッダライディングでえいやっ
©しようこちゃん

次の丸太やぐらも無事通過。
残るは丸太いかだのみ。あれは一番ちょろいな。楽勝。

いかだなんて割り箸以下
©岩井のり子さん




ちょろいちょろい。えいやっ!


ううっ……斜めに進入してあっさり転倒……orz




割り箸にやっつけられた!
©しみちゃん

くそう!くそう!こんなところで!
この時バイクをPP(パワープレイ)していかだの上に乗せてしまおうと思っていました。

いかだ上にPPする僕
©しみちゃん

そんな時、観客の何方かが「降ろして向こうからもう一度行きなよ」と言ってくれました。
なるほど。確かに。
「あせるなー!」という声援まで頂いてしまいました。恥ずかしや。ありがたや。




©フックさん



その後着々と周回を重ねるものの、徐々に順位を落としていってしまいます。
いつものパターン。よくないですね。最初の勢いをキープできるようになりたいです。


Aコースの直登手前ではGAKIさんとあいらさんが応援してくれていました。
COMPはほぼ全員直登ルートに行くので、FUNから見ていたお二人的にも楽しんで頂けたんじゃないかなと。


応援ありがたやーなんて思いながら走ること数周。
フカフカのなんてことない急坂入り口で失速してエンストしてしまいました。
悲しくなりながらキックしてたら勢いのいいバイクが2台近付いてきます。



\ぺろーん!/



やけに元気のいい緑色のぺろーんはごっちゃん先生!
それもそのはず、ごっちゃん先生の真後ろはysk大臣でした。そりゃテンション高くもなりますわ。
超楽しそうwww


こちらの動画の29:20が該当箇所
©げんさん



しかしAクラス、AAクラスの人たちの速さは尋常じゃないですね。
特にAA1の人たちは排気音が近づく感じが違います。
一発で「ヤバいのキタ」って分かります。
一瞬で抜かれるから抜かれたこともわからないという人もいますが、感覚わかります。
上手すぎて速すぎて抜くのも上手だから、レース前に心配していたほど邪魔にはならなかったんじゃないかな……。

あ。いや。めちゃくちゃ邪魔しました。
タイヤ沼抜けてクネクネ走ってたら後ろから蓮くんが来て、避けようと思ったら進路塞いじゃったし(汗
下って登る細いとこで軽くスタック気味になった時に後ろにいたのはケンジさんだったし(滝汗

ご迷惑をおかけいたしました…。精進します…。
今後も少々ご迷惑をお掛けしてしまうかも




90分経過してピットでげんさんとかすがいが「次、給油」のサインボードを掲示。
軽く頷いて周回に向かいます。
実はレース中の給油って、クロスカントリーなんてな~んにも知らなかった2013年のWEX爺ヶ岳でやったっきり一度も経験が無いです。
レース中に給油とかCOMPっぽくて嬉しいw

何事も無く1周してピットイン。
給油してもらって再度出発です。




しかし。
給油した翌周回に後輪の異変に気づきます。



おかしい。
この感覚、覚えがある……。



振り向いて後輪を見ます。



パンクしてる orz




パドックに戻っても替えチューブなんて持ってないしな。どうすっかな。



\ピコーン!げんさんのリアホイール!/



パドックに戻ってげんさんのKX85Ⅱのリアホイールごと借りちゃおう!
サーセーン!お世話になりまーす!
借りられると決まったわけでもないのに、まだレースを続けられると思ったら途端にピットまでの道のりが長く感じ始めました。
だってまだコース中腹登りの最中なんだもの。







軽いヒルクライムからヒューム管脇を抜けて超絶気持ちいいゾーンへ入ろうとしたその時です。






\ぺろんぺろんぺろんぺろんぺろん!






青いマシンと共にドップラー効果を効かせながら遠ざかるぺろーんマシンガン!
誰かと思えば去年のWEX勝沼で僕にぺろーんされちゃったカナダボーイwww
憑き物が取れたかのような清々しいぺろーんに笑いが止まりませんwww



こちらの動画の3:20あたりからが該当箇所
©カナダポーク


パンクでがっかりしていたけれど、カナダポークのおかげで元気が出ました。
ビードが落ちちゃって真っ直ぐ走るのも大変だけど、なんとかピットに到着。
げんさんにワケを話してリアホイールを拝借することに。



パドックでげんさんがホイールの交換をしてくれている間にかすがいから借りたGoProを返却。
キャメルをチュウチュウして少し休めたところでホイール交換完了。
げんさんありがとう!



交換したタイヤまでパンクさせてはマズイので空気圧は0.9〜1.0に。
コースに入ります。
ベスコンと相まって超絶グリップです。キモティー!!!



1周戻ってきたところでげんさんから残り2周のサイン。
もう2周しか走れない。かなしい。
しかもマナブさんに追いつかれたらこの周で終わっちゃう!

達人たちと一緒に走れることで学ぶことが多かったのと、阪下というコースがしどきと富津を足して2で割ったみたいなコースですごく気に入っていたので

レースが終わってしまう→走れなくなってしまう

という悲しさがこみ上げてきました。
まだまだ走っていたい……。




しかし終わりはあっさりとやってきました。
Aコースの直登手前でヤバい排気音に追いつかれました。
マナブさんでした。




次のゲート通過で僕のサザンハリケーンはおしまいです。
かなしい。もっと走りたい。
順位的にも悔しいです。

充実感と喪失感にまみれてゴール
©岩井のり子さん


レース的にはごっちゃん先生がAクラス7位、IA/IB以外の一般ライダー部門(個人設定w)1位。
カナダボーイもCOMP-B昇格最初のレースで5位入賞でした。

対する僕はCOMP-Rで19位。
一時は24位まで落としましたが、1周で19位まで戻せたのでパンクしていなければもう少し上位に食い込めたかもしれません。
悔しいです。










初めてのCOMPはWEX勝沼に続くパンク。
でも阪下のCOMP-Rなら85でもレースできると確信できました。
もしかしたら来年の阪下も85で出ちゃうかもw



次のJNCC広島はさすがに遠いので欠場します。
その次のJNCCジョニエルG爺ヶ岳には参戦するつもりです。

ジョニエルまで少し間が開いてしまうので、WEXイーストRd.1、2は参戦するかも。

っていうか、WEXイーストRd.1 クロスパーク勝沼は120Bでエントリーしちゃいました!



勝沼で僕と握手!

2015年3月12日木曜日

JNCC Rd.1 サザンハリケーン大阪 〜FUN大バトル編〜

序章はこちら
試乗編はこちら


ここまで余談だらけでしたが、いよいよレースのお話です。
まずはFUNクラスから。

前夜に降り続いた雨は夜中に止んでいました。
阪下の山砂路面は水はけ良さそうだなと思いつつ、ごっちゃん先生OGWくんに念のため聞いてみました。




五・汚「FUNが耕してCOMPにはベスコンっすよ!」




やっぱり水はけはかなり良さそうです。FUNのみんながんばれ!w



さて。エントラントの紹介です。
我らTEAMまえのめりと名門JKRTを並べちゃっておこがましいにも程がありますが、スタート順はこんな感じです。

FUN-A

  • #01 JKRT 山本さん KX250F

FUN-C

  • #449 TEAMまえのめり げんさん KX85Ⅱ
  • #509 TEAMまえのめり デニーロ YZ250F
  • #527 TEAMまえのめり かすがい CRF250F

FUN-WD

  • #962 Rise&Ride feat. まえのめり いづみ嬢 KX85Ⅱ
  • #964 TEAMまえのめり トミー KX80改 KX100

いつも優しい鉄人山本さんはFUNクラスヒエラルキーの頂点に立つ人。
対する我らTEAMまえのめりはFUNクラスの裾野を広げちゃう文字通りFUNライダー。
三角形の頂点と底辺は同じクラスで別のレースを走るのです。

ところでFUNクラスのエントラントって僕的にこんな感じに見えてるんですが、大体合ってますかね?

なんちゃってC/Dの速さは異常



TEAMまえのめりはもっと下かも……。


FUN-CとFUN-WDに出る我らTEAMまえのめりの面々は、それぞれ得意不得意がバラバラとはいえほぼ同じレベルです。
5台でバトってくれるといいなー。楽しみです。



げんさん、デニーロ、かすがいはそれぞれヘルカメを装備。
壮絶なぺろーん合戦が今から楽しみです。
どうせならとトミーにもカメラを付けてチーム内バトルを4画面でニヤニヤ見たいと思い、急遽僕のGoProをトミーのメットに装着。
後からスタートするFUN-WDの2人にFUN-Cの3人がどれだけ食われるか!w



グリッドに着いたみんなはやる気満々。いつものアレで気合を入れています。

↓かすがい
иссуиさん(@issui)が投稿した動画 -

↓げんさん
иссуиさん(@issui)が投稿した動画 -

↓トミー
иссуиさん(@issui)が投稿した動画 -



みんなだいぶこなれてきましたw
ニヤニヤしてるうちにスタート時間です。









トミーのエンストからのタコ踊りウィリースタートw
気合十分ですwww



レース中はピットエリアでサインボードを出すお仕事です。
てくてく歩いてピットエリアに入るとなんとなかしさんがいるじゃないですか!
そういえばN.W.R.Tの大地くんが参戦するって言ってたのでその応援ですね。ビックリしました。
白ゼッケンの超絶速いなんちゃってFCライダーがいるなーと思ったらそれが大地くんでした。




TEAMまえのめり身内トップで帰ってきたのはなんとアバラを2箇所ポキっているデニーロ!
レース後のげんさんとかすがいのdisられっぷりに期待せざるを得ませんwww
その1分遅れてげんさん、かすがい、さらに1分遅れていづみちゃん、トミーの順でピット前を通過。

周を重ねる毎にWDライダーがFCライダーに近付いてきます!
気付けばかすがいがデニーロをかわしてトップに、2分遅れてげんさん、いづみちゃん、トミーが固まってきました。

見てるだけでもニヤニヤしちゃいますが、走ってる方はもっとニヤニヤしていたようですw




©デニーロ撮影HC


©かすがい撮影HC

©げんさん撮影HC




しばらくするとまたデニーロが身内トップで戻ってきました。1分半離れてげんさん、いづみちゃん、トミー。

かすがいは?
どこかでハマって脱落してしまったようです。ぺろーん。
しかしいくら待てどもかすがいは戻ってきません。さすがにちょっと心配になってきました。






そんな時です。






ふと右側斜面にのに気付きました。
見覚えのあるSHIFTのレインボーカラーのウェア。あれってさっき2台で絡んですっコケてた奴の一人じゃね?







コケてたのかすがいだった!!








様子がおかしいのでピットを離れて駆けつけることにしました。

どうやら下り斜面で追突されて負傷して動けなくなっていたようです。
メットのバイザーもぶっ壊れてるし、GoProも吹っ飛んでレンズにヒビが入ってしまったようです。つらら……。

とりあえずゴール前まで移動してチェッカー待ちをするとのこと。
そろそろFUNクラスも終了なので僕はCOMPの準備をしにパドックへ戻りました。







そしてレース準備中のパドックに戻ってきたFUNライダーの順は……




  1. かすがい
  2. デニーロ
  3. げんさん
  4. トミー
  5. (いづみちゃん)※パドックが別の場所でした



レースの順位的には?




  1. トミー
  2. いづみちゃん
  3. デニーロ
  4. げんさん
  5. かすがい




なんとトミーが身内トップ!
しかもベストタイムもトップ!
どうしたFCライダーたちwww

そしてなんとなんと、FUN-WD



誰よりも全力でシャンパンファイトして全て噴射しきるトミー
©しみちゃん



表彰されるのすげー嬉しいんですよね。去年のWEX勝沼で表彰台に立てた時の喜びを思い出しました。
チームメイトに喜んでもらえるのも嬉しかったりで、やっぱり表彰台っていいものだなって思いました。
走るからには勝ちたい!




まぁGoPro脱落とか残念な出来事もありましたが、祝い事に水を注せません。優勝でチャラ!

GoProが無い……
©しみちゃん

阪下を走る機会のある皆々様へお願いです。
マウントと共に脱落した僕の GoPro Hero3+ Black Edition を発見しましたらゼヒJNCC事務局までご連絡下さいませ。m(_ _)m






あー面白かった!
次はいよいよ僕の出るCOMPクラスです!

2015年3月11日水曜日

JNCC Rd.1 サザンハリケーン大阪 〜試乗編〜

レース編に入ると思った?
残念!試乗会のお話でした!


序章はこちら


土曜の下見が終わった後の14時から各社の試乗会が始まっていました。
もう雨降っちゃってるしいいかなーと思ってたんですが、ごっちゃん先生からRG3が持ち込んでいる車両に試乗できるよと聞いてしまって心変わり。

RG3の車両といえば、去年のAAGPでちーくんこと能塚智寛くんが乗った車両です。
つまり一昨年のAAGPでジョシュ・ストラングが乗ったKX250Fに試乗出来ちゃうわけです。

ちーくんが乗ったこの車両!
ZERO-Gさんのブログより拝借)

雨が本降りだけどこれは乗るしか無い!
コースを走れるし、丁度いいウォーミングアップになる予感。

今回試乗できる車両がすごく多くて、気になっている車両もあるので楽しみです。
最近自分のCRF150RⅡのキャブの調子がよろしくなく、2st 125cc マシンに心を奪われつつあるトミーも試乗会に参加するとのこと。

てなわけで早速試乗です。

RG3

  • KX250F
物凄くしなやかなサス!ビックリ!
ぐにゃぐにゃなわけではなく、真ん中くらいからすごく粘り、地面に張り付いているように進む感覚です。
エンジンはノーマルらしいですが、僕のKX250Fと違って低速がすごく滑らかに感じました。タイトターンのスムーズさが全然違うように感じたのはサスのせいだったんでしょうか?
全然疲れないしっとりした乗り心地に、走りながら「ふああすげえええ」って声を出してしまいました。

【追記】
それよりなにより、後からごっちゃん先生に聞かされた事実にもっとブッタマゲました。
この車両、19インチのムースタイヤだったんだそうです。
ごっちゃん先生も俺もぜんっぜんわかんなかった!!!

デニーロのinstagramから拝借

まさかこの車両のこのサスがあの車両にあんな風になるなんて……。
やっぱりトップライダーは違うなー。

SUZUKI

  • RM-Z250
今まで各社のモトクロッサーには乗ったことがあったんですが、スズキのRM-Z250だけ乗る機会がありませんでした。
勝手な印象でRM-Z250って曲がらないんじゃないかと思ってました。
リクルスが入っているこの車両、よく曲がるしよく加速するし、乗り味も僕のKX250Fとそっくりでした。
あまりにも似ていて違和感が無さすぎ、逆に驚きがなかったです。
そのくらいスムーズに乗ることができました。

HONDA

  • CRF250R
ホンダのピットに行ったらバイクを用意してくれたのがあの増田一将!贅沢だなー。
そういえばこのCRF250R、あまりにもありふれていてどんな仕様だったのか聞きそびれました。
なぜかエンストしやすくて再始動が掛かりにくく、CRFなのにあれー?ってなりました。

Husqvarna

  • TE250
念願のTE250の試乗です!2st 250cc エンデュランサーに興味津々なお年ごろ。

デニーロのinstagramから拝借

うーん……なんか期待してた乗り味と違いました。
僕の乗り方がイマイチなのが大きいんでしょうけれど、エンジンはビリビリ感が強く、サスもKTMっぽいフロントの軽さがあってギャップで暴れるように感じてしまいました。
僕との相性の問題だと思います。

KTM

  • 125EXC Six Days
トミーが試乗していました。完全に心奪われている感じでした。

デニーロのinstagramから拝借

【追記】
僕、数年前まで125SX改の125EXCに乗ってたんです。
下から粘って面白いエンジンでした。

  • 250EXC-F Six Days
これもトミーが試乗。KTM最高って言ってました。

デニーロのinstagramから拝借

【追記】
TEAMまえのめりのノリさんの愛車です。
何度か乗りましたが、エンデュランサーの教科書みたいなバイクですよね。

GASGAS

  • EC125
すごく乗りやすい!EC250よりこっちの方が好きです。
GAIAみたいなウッズの深いところを走るならこれがいいかもなーと思いました。



    デニーロのinstagramから拝借

    • EC250
    ビリビリ感が少なくて、TE250よりこっちの方が好みです。
    全体的に乗りやすくて安心して走れる車両でした。

    Beta

    • RR2T 250
    去年10月の爺ヶ岳フリーライドの時に250と300に試乗しました。
    その時の第一印象がぶっちぎりで良くて、特に250が最高に扱いやすくてとろけてしまいそうだったのを覚えています。
    一度限りの相手かと思っていましたが、こんなところで再会してしまいました。

    もう本当に最高!!!文句の付け所がないです!

    なんて素晴らしいバイクなんだろう……
    Betamotor Japanより拝借)

    とにかくコンパクトで250っぽくないです。
    ちょっと変わったトライアル車風のポジションも安心感があって楽です。
    エンジンも他の2st 250ccと違って滑らかで、ビリビリ感が抑えられているように感じました。
    マルゾッキのサスなんてよくわかんないよとか思ってましたが、とにかくしなやか。
    買ってポンでこの状態なら何もすることが無いです。
    軽くてコンパクトでそれでいて力強くしなやか。
    爺ヶ岳みたいなコース向けかなと思っていましたが、阪下の試乗会コースで一番開けて走れた車両かもしれません。
    あまりにも相性が良くて忘れられません。
    ステキな女性に出会ってしまった気分です。







    土砂降りでしたが乗れるだけ乗って楽しませて頂きました。
    コースの土質も分かったし、これならマディでも全然怖くないなと自信を持てました。









    はぁぁぁぁ。RR2T 250 欲しいよおおおお。

    2015年3月10日火曜日

    JNCC Rd.1 サザンハリケーン大阪 〜序章〜

    いやいやいや。とうとう今年のJNCCが開幕を迎えますよ。ふっふー⤴⤴

    元々は開幕戦に出るつもりは無く、同日に開催されるナイトロ・サーカスを観に行くつもりでSS席のチケットまで押さえてありました。
    その後鎖骨も脱臼しちゃってコンディション的にもイマイチだし、まームリだわなと思ってました。

    でもバイク復帰したらなんか降りてきたんですよね。天から。




    お前は85でCOMPに出ろ




    そうか。85ならバイク引き起こしもツラくないな。
    プラザ阪下のサザンハリケーンならMXコース中心だしイケる気しかしないな。

    げんさんかすがいは「デニーロをぶっ潰す!」と言って参戦を決めていました。
    しかもなぜか僕のトランポの王様にバイクを積んで移動する前提!厚かましい!




    しょうがないからエントリーしてやるか。KX85ⅡでCOMP-Rに。しょうがないから。




    そんなわけで我らTEAMまえのめりから5人が開幕戦に参戦することになりました。

    FUN-C

    • #449 げんさん
    • #527 かすがい
    • #509 デニーロ

    FUN-WD

    COMP-R

    • #893 僕


    更に。

    もはや心身ともにデコボコランドと一体化しているともっぱら評判のドMいづみ嬢が#962 Rise&Ride feat. まえのめりとして参戦!

    地味にあちらこちらに我らまえのめりステッカーを貼ったマシンやヘルメットがあったりなかったりで、2年前までどの会場もアウェイだったのが嘘のようにホーム感溢れてきていますw

    今回も城北カワサキRTの山本さん、得地さん、ごっちゃん先生、カナダボーイとパドックを共有させてもらいます!いつもあざっす!

    バイク買うなら城北カワサキ





    今回は僕のトランポの王様にバイク4台と観戦のしようこちゃんを合わせた5人を乗せてチームまるごと1台で現地入りします。

    4台積めるのはテスト済み
    2列目シートも標準DXシートよりマシなはず

    色々段取りを進めていくうちに、お出かけ大好きの血が騒ぎ始めました。



    通り道だしさわやかでハンバーグ食いたいな
    名古屋のデニーロも一緒に飯食いたいな
    名古屋メシもいいな
    朝イチでモーニング行くか



    そんな感じの話をしてたら、全日本モトクロスIA2に参戦中でダートスポーツ誌に連載も持つ河村広志くんのお父さんのなかしさんが合流することに!
    ますます楽しみになってまいりました!









    そんなこんなであっという間に金曜夜。


    自宅にトミーが合流、その後げんさんちで3人合流して一路名古屋へ。
    運転を交代しながら寝て向かうつもりだったのに、5人で遠征とか初めてなのでなんか楽しくなっちゃって。
    お話したりゲス極歌ったりKANA-BOON歌ったりしてるうちにトミーが静岡県を走破。
    結局殆ど寝ずに名古屋入りしてしまいました。

    なかしさんとモーニングするのはゆたかという喫茶店。


    Gen Satoさん(@gg_sato)が投稿した写真 -


    なかしさんとあんな話こんな話をしていたらあっという間に時間が経ってしまいました。
    たった1時間でしたがとても楽しく過ごせました。
    しかもお会計をなかしさんがもってくれてしまい、なんだかモーニングをご馳走してもらうためになかしさんを呼んじゃったみたいな感じにw
    ごちそうさまでした!!!



    そうこうしている間にJKRTの山本さん、ごっちゃん先生は既に大阪に入ってしまっている!まずい!
    急いで阪下に向けて出発です!



    超急いで阪下に向かいました


    結局1時間遅刻でプラザ阪下に到着しました。ホントごめんなさい。



    食堂裏パドックに合流!

    JNCCのカワサキの50%くらいがここにあるんじゃないか説


    11時半からはマナブさんケンジさんによる下見ツアーです。
    初めてのコースだからしっかり下見したいところです。

    早速コースの方に向かうと……







    タイヤでけえ!

    ログハウスが埋まってますね






    うむ。
    イケる気しかしない。割とマジで。





    下見ツアーはCOMPをマナブさん、FUNをケンジさんが担当することに。
    僕だけマナブさんツアーに参加で他の3人はケンジさんツアーです。

    てくてく歩いて水はけの良さそうな山砂サンドのコースを登って行くとあらためてため息が出ます。


    ホントに街中にあるんだなあ

    ロケーション最高すぎ。こんなコースが関東にもあればいいのに。


    COMPはあの丘を一度登るみたいです

    丘を登ったらプールとヒューム管が待ってます


    全体的に難所は少なくて、丸太のレクリエーションがあるモトクロスコースのサーキットエンデューロ的な印象です。
    プラザ阪下は山の斜面に作られたコースで、山の上の方のAコースと下の方のBコースがあります。
    下見ツアーの日はAコースが通常営業だったのでコースの下見ができませんでした。
    おかげで当日は下見の重要性を痛感することになりました。





    下見ツアーを回るうちに空からは雨粒が。
    パドックに戻る頃には完全に本降り。
    前日は晴れ予報だったのになんですかこの土砂降りは!
    東京からずっと雨降ってたし、さすが雨男のげn ゲフンゲフン




    お風呂に入ってスーパーで買い出しをして、一旦パドックに戻ったら歩いて河内長野駅へ。
    駅そばの商店街にあるお好み焼き屋のねぎと卵で予選開始!
    JKRT、TEAMまえのめりに加え、1年半ぶりのOGWくん、るかちゃんカポー、そして最近すっかり土の人になっているしみちゃんが合流。
    さらにIAワタライさんといづみ嬢、MC GEAR大西さん、同じCOMP-Rに参戦する細見くん、そしていつもCGCのヘルカメ動画で僕らを爆笑させてくれる総帥も合流。
    はじめましてのフックさんも途中から合流で大所帯の予選となりました。



    全く写真が無い辺りで楽しさを察して下さい。



    パドックに戻ってからも食堂でysk大臣率いるホンダの皆さんが盛り上がっていたりで、結局支離滅裂意味不明な言葉を発してしまうほどの睡魔に襲われて1時頃予選通過。
    明日は雨止むといいなあ。



    とりあえず翌日の本番に向けて快調です


    2015年3月4日水曜日

    鎖骨を脱臼した人のために

    デコボコランドで脱臼した鎖骨も今はだいぶ良くなりました。
    天気が悪くなると右肩に鈍痛が走るという新たな能力を身に付けることもできました。
    今週末に迫るJNCC開幕戦、サザンハリケーンの準備も進んでいます。

    チェーンとスプロケを替えてみたり

    KX85Ⅱのハンドルを上げてみたり

    COMP-R用のゼッケンを作ったり

    COMPにエントリーしてるミニモトが2台しかいなくてちょっと焦っていますが、COMP-R ミニモトクラス※ 優勝を目指して頑張ります!
    ※俺設定非公式クラス


    肩の方はというと、平常時はもうほぼ痛くなくてぐるぐる回すこともできます。バイクに乗るのも全然平気ですし、ハンドルの押し引き動作も問題ありません。
    一応丸太もクリアできるレベルまで回復しています。

    video
    ©しようこちゃん


    普通の人は鎖骨脱臼なんてそうそう経験しないでしょうし、せっかくだから備忘録も兼ねて脱臼当日からこの状態に至るまでどのような治癒状況を辿ったかを記録しておこうと思います。





    今鎖骨を脱臼している人、これから脱臼する人、そんな人達のために。





    脱臼当日〜一週間

    クラビクルバンドと三角巾、さらに腕ごと胴体をぐるりと巻くバンド(名前わからず)をしていないと勝手に鎖骨が上に飛び出して肩が落ちてきます。
    何もしていなくてもとにかく痛くて、モーラステープとロキソニンが欠かせない状態です。
    ふとした瞬間に肩が収まりの悪い位置にずれて鈍痛が走ります。
    寝ている間もフル装備です。夜中に激痛で目が覚めることも。

    この状態がずっと続きます

    日常生活への支障は想像以上でした。
    まず肘を持って腕を支えておかないと鎖骨が飛び出て肩が落ちてきちゃいます。
    なので服の脱ぎ着が非常に難しいです。
    壁によりかかって体と壁に腕を挟んで固定し、もう片方の腕で服の脱ぎ着をしていました。
    腕を上げられないからネクタイなんか締められるはずもありません。
    仕方なくノータイ+ノージャケットで、鞄も持てないので手ぶら通勤せざるを得ませんでした。
    コートに腕を通すこともできないので羽織るだけにしていました。
    しかし羽織ったコートの自重に肩が耐えてくれず時々激痛が走ります。

    最初の一週間は本当に要介護のおじいちゃん状態でした。

    脱臼から二週間目

    肩の収まりが悪くなるポイントみたいなものを理解し始めます。
    クラビクルバンドをしていれば鎖骨を飛び出させないコツみたいなものを掴み始めます。
    腕ごと体に巻きつけるバンドは使わずにクラビクルバンド+三角巾で生活するようになります。
    相変わらず寝ている時もクラビクルバンド+三角巾ですが、激痛で目が覚めることはなくなります。
    ただし寝返りはまだ一切うてません。

    コツさえ掴めば力仕事もできるようになります

    相変わらず腕は上げられないですし、風呂に入るときは左手で右肘を掴んで支えていないと肩が落ちてきます。
    湯船に浸かるのは楽ですが、シャワーは難しいです。
    洗髪をするときには左手を右肘から離さざるをえないため、右腕に力を入れて体に密着させて肩の位置をずらさないようにするテクニックを身につけました。
    こんな感じで肘さえ支えておけば右腕を使うこともできるようになっていました。
    コツを掴めば車のタイヤ交換トランポへの棚設置もできました。

    脱臼から三週間目

    腕を三角巾で吊らなくても大丈夫になります。
    一週間目の要介護状態とは大違いで、治癒をかなり実感します。
    クラビクルバンドさえしていれば腕を動かせるようになっているので、バイクにも乗れる気しかしなくなってきます。
    しかし多方面から「今無理すると後々大変なことになる」と脅されます。
    時々肩の収まりが悪くなって肘を持って肩の位置を調整していましたが、その度に完治まではまだまだだなと実感します。
    寝るときのクラビクルバンドはまだ着けたままです。

    このくらい動けるようになります

    三角巾を使わなくても平気になるので、着る服を選ばずに済むようになります。
    腕の自由がかなり利くようになるため、「何ができないか」がわかってきます。
    一番驚いたのは、右手でおしりを拭けないということです。
    おしりを拭く動作というのは物凄く肩に依存しているんですよ!ビックリ!

    脱臼から四週間目

    引き続きクラビクルバンドは着けています。
    クラビクルバンドの有無で差をあまり感じなくなってきます。
    試しにクラビクルバンド無しで寝始めたのもこの頃。
    深夜に襲ってくる激痛も無くなりますが、引き続き寝返りはうてません。

    鞄を持つこともできるようになりますが、右手で鞄を持ち続けているとキーンと痛みが走りだします。
    この痛みが厄介で、鞄を持ち替えてもその鋭い痛みが消えず歯を食い縛ることがありました。

    脱臼から五週間目

    いよいよクラビクルバンドを外して生活を開始します。
    もう全く問題ないように感じてしまうため、バイクに乗りたくて仕方なくなります。
    しかし調子に乗って重い荷物を持ったりすると強めの鈍痛が残り、翌日もまだその痛みを引きずったりします。

    一番辛抱しなければならない時期だと思います。

    脱臼から六週間目

    お医者さんから七週間安静にできたらバイクに乗っていいよと言われます。
    ドクターストップ終了のお知らせ!

    この頃には腕も上がり、肩も回せるようになります。
    肩関節が若干固まっているので、意識的に徐々に動かすようにし始めます。
    可動域を元に戻すのって意外と時間かかるんですよね。

    ちなみにこの時期にはおしりを拭けるようになりました。
    しかしまだおしりを拭くと肩に痛みが走ります。
    おしり拭きの肩依存に心底驚かされました。

    脱臼から七週間目

    ドクターストップ解除が目前。
    もう普通に生活ができます。
    おしり拭きの時の痛みも徐々に和らいできます。






    僕の鎖骨脱臼生活は大体こんな感じでした。

    鎖骨の脱臼からバイクに乗れるようになるまで大体七週間。
    確かに七週間安静にしたことで肩はだいぶ動かせるようになりました。
    しかし全治七週間って結構な大怪我ですね……。



    みなさん怪我のないように楽しくスポーツしましょうね!