2015年1月31日土曜日

ハイエース改造第8弾、横にも棚を…

トレッキングが趣味だった20代の頃、僕の特技はパッキングでした。
3日間のテント泊縦走の装備を45Lのザックにいかに効率よく押しこむか。
50〜60Lのザックを担ぐ仲間の中で一際小さいザック。彼らと同じ装備を一回り小さいザックにパッキングすることにものすごく頭を使っていました。


そして今。


トランポの王様をゲッツした割にトランポの中身がスカスカ。
床に置く荷物が多くて空間をものすごく無駄遣いしている気がしてなりません。
パッキングを特技としていた僕的には心底モヤモヤする状況です。


床においている荷物はこんな感じ。


  • 工具系
    • 工具入れ
    • 電動インパクトレンチ
    • 3/8ソケットレンチセット
    • 細かい部品入れ
  • パドック系
    • 3m×3mテント
    • テーブル
    • 椅子
    • キッチンセットの入ったホムセン箱
    • 銀マット
  • 装備系
    • ブーツ
    • 長靴
    • ウェア3セット他の入ったギアバッグ
  • バイク系
    • 10L携行缶
    • 20L携行缶
    • 洗車用洗剤入れ
    • ラダーレール
    • 買いだめオイル他の入ったホムセン箱
    • 電動高圧洗浄機


書いてみるといろいろあるな……。


今日はこれをしまう棚を設置しちゃいます。
ということで今日も僕の大好きなホムセンにやってまいりました。


前回は価格に惹かれてスチールラックを買いましたが、正直、組み立てがめんどくさくて気が遠くなりました。
今回は迷わずパイプラックです。



ちょっとお高いけどやっぱりパイプラックがいいと思います


今回設置する棚のイメージはリアゲートから見てこんな感じで考えています。

左の棚

横1200mm × 奥行き300mm × 高さ700mm
工具系、パドック系の荷物を主に積もうと思っています。

右の棚

横900mm × 奥行き200mm × 高さ700mm の棚
携行缶、ブーツ、長靴、テーブル、椅子を積もうと思っています。


1200mmの棚はアイリスオーヤマのカタログには存在しているのですが、ホムセンには殆ど置いてありません。
あと今日来たホムセンにはアイリスオーヤマではなくルミナスのパイプラックしかありません。
ルミナスにどんなサイズがあるかわからなかったので、実物をざっと見てから一度車に戻り、車内でメジャーをあちこち当てながら頭を悩ませてみました。

そして僕が揃えたものは以下のとおりです。

左の棚その1

  • 19mm × 700mm の支柱 ×4
  • 横845mm × 奥行き295mm の棚板 ×3
  • 奥行き595mm の棚板用のサポート柵 ×2
  • タイダウンベルト ×1

左の棚その2

  • 19mm × 700mm の支柱 ×4
  • 横345mm × 奥行き295mm の棚板 ×3
  • 棚と棚を接続して1つの棚にするコネクター ×2
  • 奥行き295mm の棚板用のサポート柵 ×4
  • タイダウンベルト ×1

右の棚

  • 19mm × 700mm の支柱 ×4
  • 横845mm × 奥行き195mm の棚板 ×2
  • 奥行き295mm の棚板用のサポート柵 ×1
  • 奥行き595mm の棚板用のサポート柵 ×1
  • タイダウンベルト ×2
ルミナスの棚は奥行き350mmなら1200mm幅の棚板があったんですが、トランポ内での50mmの差はかなり大きいです。

きっとバイクを積む時に「あと500mm広ければ…」と思う日が来るはずです。

悩んだ結果、やはり奥行きの小さい方を選択しました。
奥行き295mmの棚板シリーズを2サイズ用意してジョイントして横1200mmにする作戦です。



では買ってきたものを車内に並べて作業開始です。



バイク1台を詰んだまま作業ができるスパロン素敵



やっぱりパイプラックは楽です!
車内に棚の設置を検討されている皆様。オススメはパイプラックです!
とにかく組み立てが楽だし棚の高さの調整が簡単なことがこんなに便利だとは思いませんでした。



845mmと345mmの棚を合わせて横1190mmの棚になりました


左の棚はコネクターを使って結合して1つの棚にしました。
タイヤハウスが幅200mm、長さ800mm、高さ200mm くらいあるので、それをかわすために左の棚その1を横845mmにして、足りない分を横345mmの棚で補いました。

この棚の一番上に3m×3mテントを置いてタイダウンでくくりつけます。
余ったタイダウンで銀マットを縛り付けます。
下の棚には工具系をしまい、中段にはついでに買った整頓箱にいろんなものを詰め込んでみました。

ほうきをぶら下げて生活感をアピールしてみました。

そして右の棚はこうしてみました。



195mm幅の棚がタイヤハウスの幅と絶妙の一致具合です


元々はブーツと長靴だけ置ければいいと思ってたんですが、図らずも10L携行缶がぴったり納まりました。ラッキー。
最上段にはテーブルと椅子をタイダウンで括りつけました。

そして棚の固定方法はまたしてもこれです。



Dリングとターンバックル便利すぎ


棚を設置したことで床が益々広々としました!


あとバイク2台は余裕!フルサイズ1台ミニモト3台なら積めるんじゃ?


実際作ってみて感じたのは、やっぱり左の棚は横1200mmの一枚板の棚板の方が乗せる荷物の大きさを問わなくて便利です。
接合部の支柱が邪魔で積むものは慎重に検討しなければならないです。

対して右の棚は完璧過ぎてニヤニヤしてしまいました。
世のトランポオーナーで右タイヤハウス付近のスペースを有効活用したいとお考えの方は、この845mm×195mmの棚板を使った棚を超絶オススメします!



さて。今日の作業はこれにておしまい。
今日もまたホムセンの駐車場からお届け致しました。



ホムセンの駐車場で作業するの便利すぎ





すんません!また来ます!

2015年1月28日水曜日

ハイエース改造第7弾、カーテン付けちゃう!

バイクに乗れないのでトランポ快適化作業が捗ります。
嬉し悲しです。

次の作業は室内へのカーテン設置です。
これ、キャラバンの時からずっとやりたかったんです。

臭い

トランポってガソリンやらタイヤやらケミカルやらの石油製品をたくさん積んでるじゃないですか。
臭いが室内に広がりがちなんですよね。
車酔いしやすいうちの子は「父さんの車は臭いから嫌だ」と言って乗りたがりません。

寒い(暑い)

それとキャラバンやハイエースって室内空間が大きすぎてエアコンの効きが悪いです。
効いてきたなーと思っててもブレーキかけると後部に溜まってた空気が流れてきて、夏はもんわり、冬はひんやりと嫌な感じになります。


これらはカーテンを設置することでかなり対策できると考えています。





それではまずはニオイ対策。
後席真後ろの棚にカーテンを設置します。
完全に仕切るわけじゃないけど、少なくとも空気より比重が重いガソリンは床面で室内を分断できているだけでだいぶマシになるんじゃないかと。


前回の作業で設置した棚の支柱、あれ1500mmで用意してた理由はカーテンレールを設置するためだったんです。

1500mm支柱最上部に伸縮タイプのカーテンレールを固定

カーテンレールは直線の伸縮自在タイプを選びました。
最上部に隙間ができますが、ここはこれで十分かなと思っています。
どちらかと言うとここでは最下部に隙間がないことを重視しています。

そこで床面の空気を分断するために長めのカーテンを選びました。
カーテンを横に引っ張って側壁に密着させても床面からカーテンが離れないように1700mmのカーテンにしています。

ホムセンで安売りしてた高さ1700mmのカーテンを設置
端っこに白いガムテで止めてあるのはトランポで愛用している強力磁石
この後お裁縫してカーテンに縫い付けました

天井の方が床より横幅が狭いので、カーテンレールの長さは床面より短くなっています。
しっかりカーテンを側壁に密着させたいのですが、その方法にも色々あります。
僕はキャラバンの頃から愛用していたダイソーの強力磁石を使用することにしました。
カーテンの端っこに磁石を縫いつけちゃいました。



実際にここにカーテンを設置してみて感じたのは、これはニオイ対策っていうより居室・荷室の分断用だなということ。
ここのカーテンを閉めておくと後席が気分的に乗用車になりましたw




続いて今度は空調対策です。
運転席後方にカーテンを設置して空調の効きをよくします。

ここはエンジン室があるので1400mmのカーテンで最下部は十分分離できます。
空調の効きを上げるため、ここのカーテンは最上部もしっかり隙間なく設置したいです。

天井にカーテンレールを設置するために早速トグラーを買ってきました。

これがトグラー

半分に折ると座薬みたいな形に……

天井にドリルで穴を開けて座薬を突っ込みます
付属のピンを穴に突っ込むと壁の向こうで元の形に戻ります

躊躇なく天井に穴を開けまくってトグラー設置完了

トグラーがあることで強度の弱い素材(この場合天井のこと)に強度を確保してビス止めができるようになります。



さあ、これでカーテンレールを固定する準備が整いました。



ただ、この部分は天井に向けて側壁が絞りこまれている形状なのと、両側壁が鉄板ではなくモールで覆われているので直線的なカーテンレールの設置は難しそうです。

そこで僕が選んだのは出窓用の曲がるカーテンレール。
グニャグニャ曲がるので天井のカーブに沿って設置できるだろうと思ったのですが……


横方向には曲がるが縦方向に曲がらないことが判明 orz


仕方ないのでニッパーで軸のアルミ板ごとバチバチカットします……。


天井の絞り込み角度に合わせてレールをカットしました

無事カーテンレールの設置が完了しました

軽く絶望はしたものの、ほぼイメージ通りにカーテンレールの設置が完了しました。
早速カーテンを設置してみます。


天井からしっかり室内を分断できました


試しにこの状態でエアコンを入れてみると、ものの数分で効いてきます。
効果絶大!


で、ものは試しに両方のカーテンを閉じてみました。


カーテンの柄と相まってツイッターで「エロい」の声多数


ツイッターで「走るラブホ」という残念な称号を与えられて軽く憤慨しています。



でも言われてみればセカンドシートを畳んで布団を敷いたら快適な寝床になる予感。
セカンドシートに座椅子を置いたら座り心地も良くなりそうだし、マットレス代わりにも使えるかな?


こんなやつ


ちなみにここまでの作業はまたしてもホムセンの駐車場でやっちゃいました。
まいど本当にスミマセン……。


これからもお世話になります!

2015年1月27日火曜日

お詣りコレクション2015

出すタイミングを逸したこのエントリー、寝かせてても美味しくならなさそうなので早々に出してしまいます。



宮城県亘理町荒浜地区から2015年の初日の出を拝みました


デコボコランドで右鎖骨を脱臼して以来、僕はバイクにも乗らずおとなしくしております。









実におとなしい








清々しく新年を地球外で迎えました。家人の実家で。
このジャンプで右肩が痛くなったりしてません。少ししかなってません。



はい。



ところで僕は毎年最低三箇所は初詣をしています。
家人の実家に行った際、自分の実家に行った際、自宅に帰宅した際の三回はそれぞれお参りしているからです。
正月のキンと冷えた空気の中を歩いて参拝するのはとても気持ちいいです。

あんまりいろんな神社にお参りすると神様が喧嘩するって言う人もいますね。
しかし僕の神様に限ってそんな狭小な了見なはずがありません。
むしろ集まって酒盛りを楽しんでいるはずです。

そんなわけで僕の毎年の参拝場所をご紹介します。





竹駒神社

家人の実家に行った際にお参りする、宮城県岩沼市にある神社です。
日本三大稲荷の一つだそうです。

大きな赤い鳥居が目印です

元旦は人出がとても多いです

今年のおみくじは子どもが勝手に引いた中吉

前厄に入ったので厄除けお守りをゲッツ。
トランポのバックミラーにぶら下げました。


神田明神

僕の実家に行った際にお参りする、秋葉原から少し御茶ノ水方面に歩いたところにある神社です。
言わずと知れた商売の神様をお祀りしている神社。
僕も実家も商売繁盛を願って熊手をゲッツ。

大きな鳥居から坂道を登ります

大きな赤い門がお出迎え

今年の人出はハンパじゃなかった!

どうやらラブライブ!というアニメと神社庁がコラボしたことが原因のようです。







これはしらなんだ……。
熊手が欲しくて列に並んでたら「はいラブライブね!」ってラブライブお守りを手渡されそうになって爆笑してしまいました。



神田明神参拝の後は毎年天野屋の甘酒で暖まります


神田明神で気付いたんですが、厄年の数え方って数え年を基本とするのはどこも同じなんですが、数えの基準日をどこに置くかは神社によって違うんです。


  1. 元旦を基準にする(ほぼどこもこのルール)
  2. 立春を基準にする ←神田明神のルール!

僕は1月生まれなので、基準日によって厄年が前後してしまいます。
神田明神ルールに従うと僕は今年が本厄!去年が前厄!!
思い返すと思い当たること多々!!!

去年は猫に顔を深く引っ掻かれるわ(1 2)、糸魚川で顔面ボコボコになるわで顔面負傷が絶えず、デコボコランドは大雨だわ栗子勝沼に台風は来るわで参戦レースは過酷なものばかり、仕上げはデコボコランドで鎖骨脱臼するわ、その他仕事もプライベートもあれやこれやで散々な一年でした。

神田明神を参拝したことで僕の中の厄年マインドが一気に高まってしまいました……。
一刻も早く厄払いしたい!!!


素盞雄神社

自宅に帰ったらお参りする神社です。
すさのお神社と読みます。

今年は夜参拝しました

意識の高い厄年系メンズとしてはここの神社の数え年基準が気になります。
この神社は元旦基準なので僕は前厄。

行きつけのもつ焼き屋さんで隣りに座ってたおじさんが「厄年は赤いものを身につけておくといいよ」と言っていたので、早速赤い厄除けお守りをゲッツ。
通勤のコートのポケットに入れて毎日一緒に移動中です。


西新井大師

友人を誘い合わせて数年に一度参拝している、足立区にあるお寺です。
新年のお詣りの中で唯一のお寺です。
今年は厄除けのためにお詣りしてみました。

ちなみにお寺でも神社でも厄除けをやってくれますが、何が違うのか調べてみました。

  • お寺(天台宗、真言宗のみ) 護摩祈祷で厄除けをしてくれる。
  • 神社 神道の穢れを祓うという概念の一環として厄祓いをしてくれる。

なるほど、厄除けと厄祓いって違うんだ。
ここで厄除けした後に神社で厄祓いもできちゃうわけか。フムフム。

お堂がデカくて中に人がたくさん入れます

でも人が多すぎてお堂の中に入れませんでした

厄除け完了!

西新井大師の数え年基準は元旦基準でした。僕は前厄。


亀戸天神社

江東区にある神社です。学問の神様の天神様を祀っています。
インド人がたくさん住んでいることで有名な西葛西にある、美味しいと評判のカレー屋さんに行った帰りに寄ってみました。

1月25日だというのに人がたくさん来ていました

毎月25日は天神様の日らしく、たまたまその日にやってきたので人が多かったようです。

今年初めての天神様の日だったので里神楽をやっていました

亀戸天神社ではちょうど鷽替神事(うそかえしんじ)というのもやっていました。
鶯(うそ)は幸運を招く鳥とされていて、毎年新しいうそ鳥(鶯の木彫人形)に替えるとこれまでの悪いことが”うそ”になり、一年の吉兆を招くとされているのだそうです。

だがしかし肝心のうそ鳥が売り切れ。
来年はうそ鳥を手に入れたくなってしまいました。






以上が今年お参りした神社、お寺です。
もう5箇所もお参りしてたのか……。自分でもビックリ。

でも七福神巡りなんて一日で七カ所もお参りするしまだまだですね。
日本橋七福神巡り深川七福神巡りをしたことがありますが、そもそもお参りが好きじゃないとこういうことに興味持たなかったりするんでしょうか。

目的のあるお散歩って感じで楽しいですよ。
新年のお参りに限らないので、お参りに興味ある人は声掛けてください。


一緒にお参りしましょう!