2014年11月26日水曜日

WEXイースト最終戦クロスパーク勝沼に参戦しました

前日のJNCCバンケットでは山本さんごっちゃん先生小坂選手岩井良宏選手岩井典子選手などなどJNCCを代表するトップライダーの皆様と楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
達人のお話を聞いているうちに、自分も上位争いしてここに来たいという気持ちになりました。
精神的にベスコンです。



WEXイースト最終戦にはチームまえのめりから120ミニッツに僕、90ミニッツにげんさんせんせいの合わせて3名が参戦です。
パドックには昨日に引き続き90ミニッツのいづみちゃん、そして40ミニッツのはっすぃ〜さんが。

そして。

いつでもどこでもダマで活動、カワサキ車を一台も持ってないのに城北カワサキRTのカナダくんが案の定ダマで120Aにエントリーしてました。

容赦なく晒します。



ダマエントリーを前日に報告するカナダボーイ

KX250Fをピュアテックに修理に出したことまでdisる
どこまでもドSのカナダポーク



120Aにエントリーしたのも僕を虐めるためですからね。真性のドSです。彼女が気の毒ですね。
パドックの場所もとっておいてあげたのに寝坊してなかなかやってこないし、なかなかの大物です。




さてさて、あっという間に40ミニッツのスタート時間になってしまいました。
はっすぃ〜さんは本物の通勤車のBW'Sで参戦です。
この車両、先日デコボコランドで開催されたピットクルーカップの通勤クラスにも参戦させてました。
あれですっかりモペットクラスの虜になったようです。

ピットクルーカップでは子供に大人気だった
パンダはっすぃ〜さんと通勤車のBW'S


昨日のサンクスギビングXCでコースを耕したとはいえ、日の当たっていないところは霜が溶けてチュルッているようです。
果たしてBW'Sはあの深いワダチを抜けてくることができるのか……。



抜けてきたあああwww



1周目はなかなか帰ってこなかったんですが、案の定ワダチにハマったらしいです。
スポッとハマってタイヤが地面に接地しない状態を、得意のパワープレイ(PP)で華麗にクリア。
その後は順調に周回を重ねました。



おつかれさまでした!
そのBW'Sはもう通勤に使えないんじゃ……



続いて90ミニッツです。身内が3名参戦するので楽しみです。
そしてスタートといえば我らがげん・ろくすんです。



иссуиさん(@issui)が投稿した動画 -



おやじちゃんの爆笑を得たげんさん、今日もやる気充分です。







げんさん曰くこれはテンションの高い子供の真似ではなく「ケン・ロクスンのロクスンパンチを真似する馬場大貴の真似」だそうです。



コース上の日の当たる場所はベスコン!

いよいよスタートです

ドMいづみ嬢はチュルチュルに悶える気マンマン



ベスコンだから誰もスタックしないだろうなと思いつつスタートを見守ります。
すると、最初のウッズ入り口手前の坂が待望の屍ランドになってるじゃないですか!
ゲラゲラ笑いながら駆け寄って急いで写真撮影です。



ヒャッハー!

観客の大半はこんな感じ



ウッズ入り口が狭くて瞬間的に詰まっちゃって、手前の坂で立ち止まらざるを得なくなったバイクたちがチュルチュル勝沼の餌食に。


最高です!こうでなくちゃ!



なんて思ってたのも束の間、屍ランドも1周目だけでした。
やはり段々とコンディションが良くなってきているようです。戻ってくるバイクの汚れも目立ちません。



が、しかし。
コースコンディションと反比例するように自らのコンディションが悪化する人が。

立ち止まってキャメルバックチュウチュウするせんせい
※レース中です

コースの至るところでチュウチュウタイムを設けていた様子。
栗子以来のWEXだししょうがないよね。


せんせいがチュウチュウしている間にもレースは進み、とうとうL1が出されました。


ラスト1周、いってらっしゃい!

みんな無事ゴール!


せんせいとげんさんの上手く行かず落ち込んだ表情に
対してチュルチュルに悶絶して満足気ないづみ嬢の笑顔

さあマナブ餃子で元気出そう!
この日は渡辺学選手直々に焼いたマナブ餃子が振る舞われました



さて。いよいよWEXイーストも残すところ120ミニッツクラスのみとなりました。

僕が参戦する120ミニッツクラス、Aクラスにはサディスティックカナダボーイの他にチームはだエプのみのちゃんこと飯野さん、Cクラスには僕を虐めるのがライフワークのDRSマサキさん、デコボコフレンズの林さんが参戦です。



最終戦の120ミニッツは飯野さんの一言でパッシングの掛け声が……

\ぺろーん/

になっちゃいました!





もはや120ミニッツクラスは壮絶なぺろーん争いにしかなりません。
全力でぺろーんから逃げ、全力でぺろーんしにいきます!



いざ出陣!







120ミニッツスタート!
なんとホールショットを奪ってしまいました!ふっふーー!!


1周めはコケてリクルスロケットまでかましてたので後れを取ってしまいましたが、2周目には順調にペースを上げていきます。
120Aの飯野さんとカナダポークのぺろーんからどれだけ長い時間逃げられるかが今日の僕の勝負ポイントです。
二人は前にいますが、全力で逃げます!
ラップ怖い……


2周目も中盤に差し掛かると、前方で2stエンジンの唸り声が聞こえます。



パイーーーーーーイイイイン!パインパイイイイイン!



チェーンソーですかね。   いいえ、カナダボーイです!!!



まさかのカナダボーイ!!!こんなに早く会えると思ってなかったよ、しかも後ろからじゃなくて前で。



沖田艦長「ぺろーん用意。島、操縦をissuiに渡せ」
島「issui、渡したぞ」
沖田艦長「ぺろーん、安全装置解除」
issui「安全装置解除、セイフティーロックゼロ、圧力、発射点へ上昇中」
issui「最終セーフティ解除、ターゲットスコープオープン!」
逃げるカナダボーイ、追う俺
issui「電影クロスゲージ明度20、目標、赤ゼッケン#77 カナダボーイ
ロックオン
徳川「エネルギー充填、120%!」
沖田艦長「発射10秒前! 対ショック、対閃光防御!」
発射5秒前
issui「5・4・3・2・1…ぺろーん、発射!」



\ぺろーん/



カナダボーイ「ギャアーッ!」



この様子は上の動画(11分30秒から)下の動画(13分50秒から)で御覧ください。







まさかぺろーんされる前にぺろーんしちゃうとは思いませんでした!(ニヤニヤ

この後なぜか僕は120Bクラストップを走行し続けていたようです。
計測ゲートを通過する度に順位のディスプレイを確認していたのですが、



215 1 空白



の表示の意味がいまいちよく分かってなくて……。
前日にいづみ嬢に「ゼッケン、順位、タイム差だよ」って教わってたのに、まさか自分がクラストップを走ると思ってなかったのでずっと計測ミスだと思ってました。

確かにいつもなら後ろから声をかけてくるはずのマサキさんを本日2回目のぺろーんの餌食にしちゃいました。
そういえば飯野さんからのぺろーんも食らっていません!



今日の!俺は!乗れている!



しかし。そうは簡単に勝てないのがレース。
残すところ20分を切った頃でしょうか。やたらフロントが滑りまくり始めました。

なんてことない平らな場所でいきなり真横にバターンとすっ転ぶのを何回か繰り返してしまいます。なんだこれ。

7月の爺ヶ岳あたりからずっと履いてるVE35なのでもう寿命なのかな?
でもここでアクセルは戻せない!開けられるところは全部開ける!
そしてとうとうラスト1周!星野さんのL1掲示!

開けろ!開けるんだ!


体力はもう限界。両腕の力も入らなくなってきています。

ウッズに入りチュルチュル坂をクリア。
左へ90度。



チュルチュルデコボコストレート!全開!



フロントがよれる!
リアが滑る!
ワダチに落ちる!
耐えろ!
フロントが左に逃げる!

ああっ!ダメッ!



左に吹っ飛んで木に激突、谷底へ転げ落ちました



ううっ……やっちゃった……。
疲れてるしフロントタイヤの滑りを押さえられなかったからかな……。

谷底から這い上がって頭の高さにあるバイクを頭の上にリフトアップ!
おりゃああ!!!


すると!



\ぺろーん!!!/



ギャアーッ!!!ここにきて飯野さんにぺろーんされてしまった!!!
しかももがいてる姿を見て満面の笑みでぺろーんしてた!!!orz
くそう!くそう!



急いでリカバリーして前を行く飯野さんを必死で追いかけます。
……しかし5つは先のコーナーを抜けている様子。
ダメか。



そしてゴール!



げんさんが駆け寄ってきて「いっすいさんやったよ!クラス優勝だよ!」と叫んでいます。
えっ。あれって計測ミスじゃなかったの!?マジ!?

そこに遅れてせんせいがやってきて「残念ながら最後に抜かれてて優勝じゃないと思う」と残念な顔で言いました。



やっぱ最後3周くらいで繰り返した転倒がひびいちゃったかあ……。
でもしょうがない。体力的にも終わってたし、それでフロントの制御ができなくなってコケたんだ。これが今の俺の限界。

とはいえなんと120Bクラス3位に入ってしまいました!
初表彰台!やったね!

パドックで洗車の準備をしていると、なんですかねこれ。



パンクしてますね……



パンクにも気付けない系ライダー!orz



そりゃあコケるよ!
どおりでフロントがグニャグニャなわけですよ。



でも!昨日ごっちゃん先生と話してた「パンクするほど速くない」を脱した!?
XCで初パンク!俺もパンクできるライダーの仲間入り!
嬉しいような悲しいような……


表彰式も近づいてきました。
表彰台には我らがちょろいリーデザインちょろい地蔵Tシャツで立ちます!



星野さんに「それいいね」と言われたちょろい地蔵Tシャツ

マナブさんから3位の盾を授与。嬉しい!

憧れのマイクアピール!

まるで優勝したかのような立ち位置!



時間が経つと勝てなかったことが悔しくなってきますね……。
やっぱり1位がいい!!!

自分の走りで仲間が興奮したり喜んでくれたりしたことを知って、レースってこんな嬉しい事もあるんだなってしみじみ思いました。
この喜びがまた欲しいです。勝ちたいという意欲が湧いてきました。
来年は表彰台に何度も立てるように、そして優勝できるように頑張るぞ!!!



今年のレースはこれにて終了しました。
本格的にXCのレースに参戦し始めた今年。締めくくりは少々残念ながらも表彰台に立ったので80点!



来年はぺろーんしまくってやるぜ!!!

2014年11月25日火曜日

サンクスギビングXCとJNCCバンケットに行ってきました

今年はJNCCに一戦も出られてないんで、JNCCバンケット(表彰式)への参加なんて縁が無いと思っていました。
今年のバンケット会場は僕がエントリーしたWEXイースト最終戦クロスパーク勝沼から近い「ぶどうの丘」で、WEXの前日開催。近所でお祭りです。



でも僕には縁が無いですね。



そんな中facebookのJNCCページで、バンケット翌日のWEXに参戦する人はバンケット同日に開催されるサンクスギビングXCに無料で参戦可能との情報が。



ムムム。日帰りのつもりだったのに。



そんなところにごっちゃん先生から背中を押す言葉が。






えっ!ごっちゃん先生来るの!?
AAGP出れなかったから9月の爺ヶ岳フリーライド以来の再会になるじゃないの。






あーあ。エントリーしちゃった。








三連休初日に移動しなきゃならないから10時受付開始なのに4時に家を出る羽目に。
せんせいと談合坂SAで待ち合わせしてクロスパーク勝沼に到着したらこれですよ。


ほぼ誰もいない…

クロスパーク勝沼の管理人?の青柳さん曰く「木曜日に雨降ってヤーバイんだよね。星野さんは逆回りって言ってるけどムリじゃないかなあ。」だそうです。
ムムム。それで人がいないの?


今年はもうマディはお腹いっぱいなので、この時点で既にサンクスギビングXCは走らずにバンケットに向かう気になってました。



でも……ドMのいづみちゃんが絶対走ると言い張ってるし、チームケイズから単独参戦のはっすぃ〜さんも走る気マンマン。
そんじゃ下見して決めますか。


1コーナーのバンク。なにこのタイヤ痕……。

チュルチュルですね

ミニモトはステップ引っかかっちゃうんじゃ?


んー。チュルチュルだけどグチャグチャじゃない。残念ながら走れそうだ……。







ってことで走っちゃいました!


クラス3位ゲッツ


すんげえチュルチュルで案の定ウッズに入ってすぐの登りで大渋滞しましたが、後は滑りながらも概ね普通に走れました。
時間が経つにつれてコンディションも良くなって、どんどんペースをあげられるようになってきました。
ベストラップが最終ラップですしね!



さあ、気持ちよくバンケットへ向かいますよ!



ぶどうの丘に併設されている天空の湯でソッコーで体を洗ってからフォーマルにお着替え。
既に鉄人山本さんと共に会場入りしているごっちゃん先生の元へ。



おひさー

きちゃった♡



ごっちゃん先生といづみちゃんは表彰されるから来てていいけど、僕とせんせいとはっすぃ〜さんはぜ~んぜん関係ないですよ。
はっすぃ〜さんはJNCC参戦したけど、僕とせんせいは一戦も出てませんスミマセン。




FUN-Aクラスの表彰。山本さん鉄人過ぎ!

COMP-Aクラスの表彰。ごっちゃん先生はいつもの笑顔で。

COMP-AA2クラスの表彰。同席させて頂いた小坂選手がチャンピオンに。
松尾選手のお子様たちがフリーダムでかわいかった!

COMP-AA1クラスの表彰。渡辺学選手と奥様。
新しい命も授かってダブルのおめでた!

クロスオーバーも含めて4つもタイトルをゲットした山本さん。
家に80個くらいJNCCのトロフィーがあるとか……



バンケットで食事しながらごっちゃん先生が


「パンクパンクって言うけど俺今年一回しかパンクしとらんて!」

「いいとこ走ってる時にパンクしたから印象に残っとるだけやって!」


……。
うん。たしかにそうかもw

でもパンクなんてしたこともない僕から言わせると、パンクするほど速く走れてすげえってことですよ。
僕もパンクするくらい速く走りたいなあ。なんて話をごっちゃん先生としました。
よく考えたらごっちゃん先生に会う度に速くなりたいって話をしてる気がしてきました。



そうこうしているうちにお開きの時間です。
JNCC代表の星野さんからのアツいスピーチが心に残りました。



「のべ6000台のエントリーとなってGNCCにも引けを取らないほど集まるようになった今のJNCCがあるのは石井正美選手のような選手の貢献が大きい。しかし今はそれを評価する場がない。だから私はバイクの世界に『殿堂』を作りたい!殿堂ができれば少なくとも名誉は残る。そうしなければ我々には何も残らない!JNCCの冠には一切こだわらない。すべての二輪世界と掛けあって、来年は二輪スポーツの殿堂を立ちあげたい!」(うろ覚え)


強い意志で引っ張る人がいてこそ団体は育つのかもしれないな。
そう感じるスピーチでした。
JGTCがSuperGTへと成長していく過程にももしかしたらこういった熱意があったのかもしれないな、などと夢想しました。
気持ちよくお開きです。




明日は僕の今年の集大成、WEXイースト最終戦クロスパーク勝沼です。
ごっちゃん先生に「速くなりたい。上手くなるのではなくまず速くなりたい。」と相談し、練習方法のアドバイスを受けてそれを意識して過ごしてきたつもりの2ヶ月。
120-Bクラスで目に見える成果を出したいです。










でもやっぱパンクはしたくないw

2014年11月12日水曜日

ヤマハサンシャインいわきエンデューロに出てきました 〜走行会編〜

ヤマハサンシャインいわきエンデューロ、いよいよ当日です。

前日の宴会が盛大に盛り上がったにも関わらず、ヘパリーゼを投入して万全の体制で臨んだ僕は翌朝6時前にスッキリ目覚めました。
つい先日とんでもなく悪い酔い方をした反省が活きてます。
これなら今日の走行会も万全です。




さて。今日の走行会のエントリー状況はこんな感じです。


A走行会(5組10名)

自分&コーダイ組(レンタルTT-R125LW)
軍曹せんせい組(レンタルTT-R125LW)
ほしまるいぢおす組(レンタルTT-R125LW)
トミーしようこ組(レンタルTT-R125LWE)
げんセンパイ組(センパイのCRF125F)

例年はよnくんと組んでA走行会に参戦していましたが、AMA参戦のため渡米してしまったため今年はコーダイと組みます。
いぢおすさんはオフ初レース、センパイはしどき初レースです。

B走行会(3名)

自分(KX85Ⅱ)
げんさん(KX85Ⅱ)
トミー(CRF150RⅡ)

今年は初めてB走行会にエントリーしてみました。
B走行会に新たにミニモトクラスが開設されたので3人共ミニモトで参戦です。

こいつでレースは初めてです。楽しみ!

パドックにバイクを並べてみたらなにやらかっこいい感じw

TEAMまえのめりパドック

みんなのテンションが軽く上がってまいりました!
ゆーしーくんがカメラマンをやってくれるので、全周回カメラ目線を狙いたいところ。



前日からの雨が降るとの予報だったのでタイスケが全体的に前倒しとなり、9時半にA走行会がスタートすることになりました。
各組のスタートライダーは自分、軍曹、げんさん、いぢおすさん、トミーです。



僕は過去2回よnくんと組んで参戦していずれもクラス4位でした。今年はなんとしても3位以上に入りたいところです。
軍曹はホールショットを奪う気マンマン。
後方からスタートのげんさんもきっと前に出てくるでしょう。
今年一番の成長株のトミーも普通にメンバーと争うでしょう。
いぢおすさんはオフ初レースでどこまで魅せてくれるか未知数。

スタート前から楽しみです。

そしてA走行会スタート!



A走行会前半45分のヘルカメ動画(無編集だから長いです)




スタートでホールショットを奪ってそのままトップを独走!
3周目には最後尾を優しくラップ。
げんさん、トミー、いぢおすさんに 必殺技「フー」を発射しつつ順調にラップするものの、軍曹がなかなか見当たりません。


20数分走行した頃でしょうか。
やっと軍曹を見つけました!(動画の27分あたり)

軍曹をロックオン!
俺も後ろの人にロックオンされてた
©せんせい

大きい右からの下りで見つけた軍曹を大坂下のサンドで捉え、ウッズストレートで抜くぞと真後ろで狙っていたのですが、キッチリ4速全開で走ってて全然抜けませんw



おもしろい!!!



次のパッシングポイントはこの先に続く登りながらのヘアピン2つと下った先の左ヘアピンです。
ちょっと狭いし様子見するかと思ったその瞬間!


軍曹が若干減速しながらインにラインを取った!
これは!アウトから!まくれる!



アウトから!抜ける!

まくれる!いくぞ!




















コンタクト!
28分30秒のところ

















嗚呼……ごめんなさい。
A走行会でゲスいコンタクトをしてしまったことを心よりお詫び申し上げます。
軍曹には5%くらいの優しさで十分だと思ったんです……。



この後は順調にコーダイとライダーチェンジして、僕らの組はA-2クラスで3位となりました。

去年・一昨年より1つ順位を上げました



続いて11時半からはB走行会です。
念願のダブルエントリー、初めてのKX85Ⅱでのレースです。

ダブルエントリー3人組
©軍曹

プレデイでげんさんのKX85Ⅱと乗り比べしてみたら、やっぱり僕のKX85Ⅱにはハードスプリングが入っている様子。
しどき本コースを走るには最高に気持ちいいサスですが、裏しどきではどう出るか。
点火の進角もモトクロスセッティングのまま。パインパイン跳ね上がります。
ガレ場もあるけどこのまま行きます!

これを下から登ってきます

B走行会はグリッド後方からのスタートです。
ホールショットはムリなのでどこまで前に出れるか頑張ってみたいです。
テンション上げてくぞーッ!!!

しようこさん(@shocolate0213)が投稿した動画 on

やる気満々です!
気持ちは Gianluca Facchetti くん!いやはや Ken Roczen

そしてB走行会スタート!





B走行会のヘルカメ動画(無編集でクソ長いです)



スタートでするすると前に出てガレ場に進入。いきなり誰かスタックしてて渋滞です。
隙間を縫ってガレを登ります。

しようこちゃんとセンパイの黄色い声援で元気でました

しかしまあBのコースってすごいですね!しどきってあんなに深くまでコースがあったとは知りませんでした。面白い!!!

ウッズもあるし、ジェットコースターみたいに加速する林道もどこまで攻められるか試しまくれて楽しいです。

なにより奥の方にある、ミニモトは1速でしか登れない激登りとか最高です。
1周目にスタックして「えっ?」ってなりました。(動画の6分あたり)



「この速度じゃ85だと登れないの!?マジ!?」
「この激坂ってサンドじゃん!ブレーキかけても下がってくよ…!」
「再始動…したけど…全然登らない……」



僕をきっかけにカオス状態に orz


めちゃめちゃ前乗りして1速全開でハンドルに上半身を覆いかぶせるみたいにしてやっとリカバリーできました。
カオスに巻き込んじゃった皆さんごめんなさい……。



2周目以降は順調に周回してげんさんとトミーに 必殺技「フー」を繰り出すお仕事に励んでいました。



1時間ほど経った頃でしょうか。汗をかいてきたからか、やたらゴーグルが曇ります。
いざ AIRFLAPS の出番です。



「あれっ?全然曇りが取れないんですが……」
「もしかして湿度が高いからかな」
「まだ半分くらい見えるからまあいっか」



いくら走行風を取り込んでも一向に曇りの取れないゴーグルで走り続けます。
おっかしーなー。



この時の僕は霧雨が降っているということに全く気付いていませんでした!
まさかゴーグルの外側の細かい水滴で前が見えなくなっていたとは。

その結果これですよ。(動画の1時間4分あたり)

ガレ場入り口でトミーをパス

直後、ラインが見えなくてスタック orz

「抜くならかっこよく抜けよな」と盛大にdisられました。
普通に 必殺技「フー」を出しときゃ良かった。



この後すぐゴーグルを外しました。



なんてこともありつつ、この後ずっと #98 のYZ125の方や #73 のKX85Ⅱの方と抜きつ抜かれつの2stバトルを繰り返して楽しく走らせて頂きました。

ゴールする頃にはすっかり土砂降り。
コースコンディションもどんどん変わっていって、走っていて本当に楽しかったです。



そんなB走行会の結果は!



またしても3位



来年はAもBも2位以上に入りたいですね。



レースが終われば今大会名物のお食事が待っています!
しどきカレーはもちろんですが、やはりこの日にしか出てこないスペシャルメニューのたまごサンドを食べなければいけません!

楽しみに!していた!
たまごサンドと!かつサンド!

厚さ3cmはあろうかという玉子焼きが挟まったたまごサンド。これを食べるために走りに来たと言っても過言ではありません。
もう思い残すことはありません。



今年のヤマハサンシャインいわきエンデューロも本当に楽しかった!
来年も絶対ダブルエントリーするぞ!



来年のA走行会はA-3ノークラッチクラスにスクーターで参戦しようかなw
ピットクルーカップみたい!